日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中のサービス関連

サービス関連|バックナンバー

154件中 21~30件目
年齢・転職回数……逆境の転職を経験して言えること
56歳、転職は今回で6回目――。これだけで、私がどんなに苦労をしたか、同じ求職者の方は分かってくださると思います。人事・労務は、他の職種に比べて社長との関わりが多い仕事です。そのような状況下で、オーナー社長との方向性の違いに悩んできた私でしたが、ついに我慢の限界となり、転職に踏み出しました。
市場開発からマーケティングへ――ギャップを感じて悩んだ転職活動
以前は、市場調査事業をメインとした会社に勤めていました。クライアントから来た依頼を調査し、その結果を報告する仕 事です。非常にやりがいのある仕事です。ただ、最近は物足りなさも感じていました。ファクトベースの情報も、確かに“価値ある情報”です。しかし、第三者 の立場から、本当に必要な調査を選択し、より深く調査結果の意味を解釈した上で、その結果をクライアントと共有し課題解決に結び付けていくことが、真に 我々に求められていることではないかと考えたのです。
書類選考・面接が通過できない-キャリアコンサルタントが指摘した私の欠点とは――?!
まさか自分がリストラの対象になるとは思っていませんでした。勤めていた企業が合併し、所属していた事務部門の縮小が決まりました。必然的に人員も余剰状態に。私のような中間管理職の人間は一番にリストラに遭う羽目になりました。しかし、家族のことを考えるとそう簡単に退職するわけにもいきません。
やる気が空回り――ダメ人間のレッテルを張られているようでした
そもそも、企業方針と自分の考えにギャップがあると気が付いたのは10年も前のことでした。どうしても納得できない事があり、その頃から転職を意識していました。しかし、自分のスキルに自信がもてず、10年もの間、求人を『見るだけ』で、何の行動も起こせずにいました。そんな私がついに転職に踏み切ったのは、結婚が決まり、新しい職場で胸を張れる仕事がしたいと感じたからです。
そんなに悩まないで……!悩まなくてすむ思考法をお教えします
私は、親の介護をきっかけに、キャリアアップも 兼ねて転職活動を始めたのですが、転職活動中は随分思い悩んでいました。いままで医療業界で経験を積んできましたし、自分のキャリアに自信を持っていまし た。それでも、「もしどこからも声がかからなかったらどうしよう……」そんな不安に突然かられることが幾度もありました。
転職活動中の収入はどうする?―個人請負と転職活動の両立
『家族のためにも、無収入のまま転職活動するわけにはいかない!』と、個人請負と転職活動の両立を決意したのですが、これがもう目が回る忙しさでした。そもそも、以前勤めていた企業の先行きに不安を感じ、転職を決意したのですが、そう簡単に辞められるものでもありません。ちょうどタイミング良く担当していた業務に区切りがついたため、この機を逃すと次はない、と退職届をあわてて提出しました。
将来の夢へ向かって一直線!未来の店舗経営者の、下積み時代――
将来は自分のお店を持ちたいんです。そのために、ホテル業界で働いていましたが、より自分の目標に直結する仕事で経験を積みたかったので、フードサービス業へ転職しました。今回の転職を通して、感じたことを挙げていきます。私の経験が参考になればいいのですが……。
信念を持った転職活動のすすめ――キャリアデザインで道を切り拓く!
人材開発事業で20年のキャリアを積んできた私は、若年層の就職難に関する社会問題にはかねてから非常に関心を持っていました。そんな私に転機が訪れました。契約社員として長年働いていた企業との契約更改で、双方の条件が合わない事態に陥ったのです。このまま妥協して勤めるか、新たな職場を探すか――
154件中 21~30件目