日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の60代

60代|バックナンバー

6件中 1~6件目
キャリアコンサルタントに直接会うことが本当に必要なのか?1000キロ離れていても『アツい』キャリアコンサルタント
定年になっても、今の技術を活かして働きたい!そう思っていました。ところが、私の希望するポストは再雇用対象ではなかったので、結局そのまま定年退職することに。それでも、やはりあと数年は働きたいという思いが強く、今回転職という形を選択しました。
自分も家族も諦めかけた60歳転職……。初めてのスカウトメールが奇跡を起こした!
定年13カ月前にシニア転身制度を使い退職しました。半年ほどの休養期間を経て、再び社会復帰を目指し転職活動を始めました。しかし、さすがに60歳とい うハンディキャップは大きく、手ごたえを感じられるものは皆無に等しい状態。無情にも応募総数が増えていくばかりでした。自分自身、もはや諦め半分。家族 でさえ、高望みをやめて妥協するべきだと言うありさまでした。先行きは全く見えず、苦悩の日々が続いていました。
転職希望者よ、自分に自信を持て!希望通りの転身を果たした62歳より
ある素材メーカーの技術者として定年を迎えた後、会社から乞われて中国にある関連会会社に移りました。同じ素材を扱うメーカーでしたので、これまでの経験 を生かしてがんばろうと思っていたのですが、作っている製品が違うせいか、仕事の進め方や管理方法など、今までとはまったく勝手が違っていて、とまどうこ とばかり。それに加え、現地での食生活が合わず健康維持に不安を感じたため、2年後に退職しました。
6件中 1~6件目