日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の年齢・転職回数……逆境の転職を経験して言えること

転職体験レポート

掲載日2012/08/06

年齢・転職回数……逆境の転職を経験して言えること

●<マッケンロー>さん 56歳 神奈川県 ●その他メーカー/人事、労務→広告・デザイン・イベント/人事、労務
●活動期間:2011年11月~2012年4月 ●応募30社→面接8社→内定4社

年齢・転職回数…
逆境の転職を経験して言えること

56歳、転職は今回で6回目――。これだけで、私がどんなに苦労をしたか、同じ求職者の方は分かってくださると思います。人事・労務は、他の職種に比べて社長との関わりが多い仕事です。そのような状況下で、オーナー社長との方向性の違いに悩んできた私でしたが、ついに我慢の限界となり、転職に踏み出しました。

想定はしていましたが、本当に厳しい転職活動でした。年齢と転職回数で書類選考が一つも通らないのです。絶望的な心境に、何度も何度も陥りました。

ある日、某大手人材紹介会社の代表取締役の方から、直々のスカウトメールを頂き、相当期待してエントリーしたのですが、書類選考すら通りませんでした。また、ある人材紹介会社のキャリアコンサルタントの方は、非常に細かい気配り、心遣いをしてくださったのですが、結局その方でも、転職先を決めることはできませんでした。

期待をしては裏切られ、の連続でしたが、それでも、『書類選考さえ通ればきっとなんとかなる!』という思いで、転職活動を続けていました。年齢や、転職回数はどうすることもできません。とにかく数多く応募する。そして何度も書類を加筆修正する。これらを徹底して行いました。

諦めずに続けた結果、5カ月後にようやく内定が出ました。最終的に内定を頂いたのは4社。何が要因になったのかは分かりません。あえて挙げるとすれば、諦めなかったことでしょうか。

もちろん、キャリアコンサルタントのお力添えが大きかったのは言うまでもありません。しかし、キャリアコンサルタントの良し悪しに必ずしも結果は比例しないと痛感したのも事実です。
結局、転職にコツなんて存在しないのかもしれません――。

私の転職体験レポートを検索する