日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の中国・四国

中国・四国|バックナンバー

10件中 1~10件目
掟破りの人材紹介会社19社登録!多くのキャリアコンサルタントと出会い、そこから厳選しました
25年間勤めてきた会社に大きな変動が起きました。資本提携の見直しに伴って社長は代わり独裁状態。副社長をはじめとする役員はことごとく辞任に追いやられました。私は前副社長から、この状況を打破すべく経営企画の業務を頼まれました。しかし、長年の経験と社内外にも幅広い交流があった私は、新社長から疎 まれ、スパイ容疑をかけられたり新社長の自作自演と思われる内部告発を装った怪メールまで突きつけられる事態。
頑張っていれば必ず見ていてくれる人がいる-諦めずに道を模索することが大切です!
かねてからの目標である技術営業職へ転職し働き始めたものの、転職先では前職の技術職の経験を生かして欲しいと施工管理などを任されてばかりいました。希 望とは全く異なる仕事に納得がいきませんでしたが、希望の営業職に転身した時の武器になると前向きに考え仕事をこなしていました。ところが、親会社の業績 不振に伴いグループ会社から独立することになり、会社の経営はワンマン経営化し、古くからいた社員が退職し業績も悪化していきました。
自他ともに認める「保守的な人間」-スカウトメールを待ち続ける消極的転職活動の結果は?
私は長く、金融のシステム開発業務に携わってきました。しかし、メインシステムが全国共通システムに移行したため、システム開発部門が消滅。 一般事務に移りました。事務の仕事もやりがいはありましたが、やっぱりシステム開発の仕事がしたくて、転職を決断したのです。
キャリアコンサルタントのきっぱりとした一言で学歴コンプレックスから解放された
職場の雰囲気や給料に不満があり、こんな気持ちでダラダラと勤めるのはもったいないな、と思っていたころ、【人材バンクネット】を知り、すぐに登録しまし た。とにかく求人の多さにびっくり! 「私でもなんとかなるかも」と少し安心したのを覚えています。しばらくは積極的に求人を探すこともなかったのです が、スカウトメールがきっかけであっという間に転職先が決定。おかげで会社に辞表を出す決意ができました。
「間接部門は営業に食わせてもらってる」陰で会社を支えてきた自負は打ち砕かれた
営業や販売部門の仕事が効率的にできるよう、14年間、社内SEとして自分の役目に徹してきました。私には裏方として会社に貢献している自負がありました し、現場から感謝されることにやりがいを感じてきたんです。ところが、経営者の代替わりとともに会社は大きく変わってしまいました。まず「間接部門は営業 に食わせてもらっているだけ。評価に値しない」という社長の発言に、私のやる気は一気に失せました。
10件中 1~10件目