日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の金融系スペシャリスト

金融系スペシャリスト|バックナンバー

11件中 1~10件目
面接の日は自宅で早着替え-私服勤務の職場は転職活動に困る
業界や会社の将来性に不安を感じ、やりがいのある仕事を求めての転職活動でした。「キャリアシートは数字などを使って具体的に」といいますが、私の場合は業績が数値化できない業務だったので、業務従事者内での順位や前年度からの伸び率などで示しました。
中高年でもあきらめないで!53歳で正社員として採用されました
3年前、早期退職の道を選び、当時の職場を辞しました。ずっとリタイヤ生活を送っていましたが、最近になって派遣社員として働き始めると、自分はまだまだ やれるという自信がわいてきました。派遣社員では年収に限界がありますから、正社員での採用を目指して就職活動を本格的に始めることになったのです。
「そんな志望動機ではどこにも受かりませんよ!」面接官の一喝で自身の職業観を見直した
39歳の転職は厳しいと覚悟してはいましたが、1次面接で落ち続けたときには、精神的にかなり参りました。そんな状況でしたから、ヤケになっていたんで しょう。ある企業の面接で、思い切って言ってしまったんです。「リストラされて生活が苦しい。金がほしいから、応募した。何でもさせてくれ」と。
収入と支出のバランス分析-家庭を守るために挑戦した転職活動の行方は?
子供を授かり家庭状況も徐々に変化を遂げ、それに伴い、収入(給料)と支出(住宅費など)のバランスも悪くなっていました。まずは収入面からテコ入れをす ることを考え、興味本位で【人材バンクネット】を見てみることに。すると偶然にもやりたい仕事があるのです。うまくいかなくても、その時は支出の見直しと いうことで、現職のまま転居するとして、思い切って転職へと動き出しました。
実務経験もなく面接の仕方もわからない…キャリアコンサルタントとの出会いによって状況が一変!
大学卒業後、アルバイトをしながら司法試験合格を目指していました。昨年の不合格を機に今後の方向性について考え直した結果、就職を決意。法律の知識を生 かして、企業の法務の仕事をしたいと思い、インターネットやハローワークなどで仕事を探しました。でも、ほとんどの求人が実務経験者を求めており、私など は門前払い。面接の経験もないため、せっかく面接していただけることになっても、何をどうアピールしていいのかわからず、空回りしていました。
「40代・子持ち・派遣社員」が大手企業の正社員に-本人も目からウロコの採用理由とは?
テレビなどで派遣社員の待遇の悪さがよく取り上げられているのを見て、すごく焦りました。私自身、子供がまだ小さかったことから、派遣社員として都市銀行 で働いていて、収入の少なさを実感していたからです。将来のことを考え、自分の能力をもっと発揮できる場を見つけようと、動き出しました。
「あなたなら大丈夫」妻の言葉に支えられ-年収2倍で2年ぶりに金融業界へ復帰
ずっと金融業界に勤めていましたが、2年ほど前、訳あって次の職場を決めずに会社を辞め、警備会社に勤めながら就職活動を続けてきました。20年以上のキャリアがありましたから、簡単に転職できるとタカをくくっていました。しかし、実際には自分が思っていた以上に転職は厳しく、年齢が高かったこともあり、なかなか自分の条件・希望に合う会社が見つかりませんでした。
スカウトメールが101通!35歳は勝負の時。大手企業へ転職成功
ちょうど売り手市場の最後の年に就職した田中さんは、都市銀行時代に「ここでは、自分に力を付けることができない」との不安を抱いた。思い切って退職し、1年半かけてUSCPA(米国公認会計士)を取得、29歳で大手監査法人への転職に成功する。しかし、「公認会計士の資格を持っていない自分は、ここにいても出世はできない」と、いつか新天地を求めなければと思っていた。そして2年半もの間、転職チャンスを探っていたのだが。
11件中 1~10件目