日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の書類選考・面接が通過できない-キャリアコンサルタントが指摘した私の欠点とは――?!

転職体験レポート

掲載日2012/07/02

書類選考・面接が通過できない-キャリアコンサルタントが指摘した私の欠点とは――?!

●<はめ>さん 46歳 大阪府 ●鉄鋼業界/経理財務→サービス業界/経理財務
●活動期間:2011年9月~2012年3月 ●応募30社→面接12社→内定3社

書類選考・面接が通過できない
キャリアコンサルタントが指摘した私の欠点とは――?!

まさか自分がリストラの対象になるとは思っていませんでした。
勤めていた企業が合併し、所属していた事務部門の縮小が決まりました。必然的に人員も余剰状態に。私のような中間管理職の人間は一番にリストラに遭う羽目になりました。しかし、家族のことを考えるとそう簡単に退職するわけにもいきません。
「どんな状況であろうとも、職を失うわけにはいかない……!」
必死に会社にしがみつきました。
しかし、仕事はなく、植物の手入れなどをして勤務時間を過ごす状態。“仕事ができない”という状況は耐えがたいものでした。家族と話し合い、仕事がないのに居座りつづけるよりは……と、転職を決意しました。

求人情報を調べてみると、45歳の私に合う求人は少なく、あっても極めて高いスキルを要求されるものばかり。しかし焦りはありませんでした。はじめから、自分一人で求人を見つけるには限界があると想定しており、人材紹介会社も有効に使おうと思っていたからです。
早速人材紹介会社へ登録。面談を通して、人生の棚卸しから始めました。今までの経験、自分の強み・弱み……。改めて自分を見つめ直す作業は、精神的にもしんどい作業でしたが、良かったこともありました。

私は、職務経歴書がなかなか上手く書けずに悩んでいたので、書き方のテクニックなどを重点的にキャリアコンサルタントに相談していたのですが、面談を重ねる中で、気が付いたことがあったのです。私は「書き方」が上手くないのではない。『表現力・訴求力』が不足しているのだと。今まで気が付かなかった欠点を見つけ、そこを意識して改善していくと、書類選考の通過率も上がっていきました。そして嬉しいことに、これは面接においても、かなりの効果を発揮してくれ、あれよあれよという間に内定が決まりました。
今まで気が付かなかった私の欠点を見抜いて下さり、丁寧にアドバイスをしてくださったキャリアコンサルタントの方に、感謝してもしきれません。

自分を表現する技術は、あらゆるところで必要になってきます。履歴書・職務経歴書・キャリアシートの書き方だけではありません。日常の人間関係の中でも、重要な能力となってきます。転職活動には終止符が打たれましたが、今後も意識して『表現力・訴求力』を磨いていき、新たな出会いの源にしていきたいと思います。

私の転職体験レポートを検索する