日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の事務系スペシャリスト

事務系スペシャリスト|バックナンバー

258件中 1~10件目
40代、がんばるシングルマザー 私を認めてくれた会社が1社だけあった
勤務していた通販会社が吸収合併されることになり、やむなく転職することになりました。女性で年齢が高いということに加え、私は小学生の子供を抱えるシン グルマザー。これが最も大きなハンデで、急な残業や休日出勤への対応に制約があることや、子供の急病などを懸念して不採用となる企業がほとんどでした。世の中の厳しさを痛感し、悲観的になった時期もありました。
転職活動はたったの一週間!スピード内定に一番驚いているのは私です
今までの仕事に疑問を感じ、全く新しい業界にチャレンジするために退職。でも、しばらくは求人情報を眺めているだけの毎日でした。未経験の私にもできそう で、がんばれそうな仕事をゆっくり探そうと思っていたからです。そんなとき、あるメルマガで【人材バンクネット】を知りました。
自分の力を試してみたくてイバラの道へ-とにかくあきらめないことが肝心!
私は音楽大学卒という、一般の企業で働くには、特異な学歴の持ち主です。前職ではじめて一般企業に勤め、11年間、いろいろな経験をしてきました。その中 で、ふと、「今の私はこの会社でしか通用しないのでは?」という疑問がわきあがってきました。それで自分を試してみたくなり、転職活動を始めたんです。
たった1通のスカウトメールが貴重な縁を運んでくれた
ずっと経理の仕事をしていたのですが、実務の中で知識不足を感じていました。2年前、勉強し直すつもりで会計事務所に転職。給料が低いなど、条件はあまり よくなかったのですが、勉強のためと割り切って働いていました。そんな折、事務所の所長が「セミリタイアしたい」と言い出しました。思いがけない展開に驚 きましたが、所長のアシスタント的な立場だった私は、退職することにしました。
面接の日は自宅で早着替え-私服勤務の職場は転職活動に困る
業界や会社の将来性に不安を感じ、やりがいのある仕事を求めての転職活動でした。「キャリアシートは数字などを使って具体的に」といいますが、私の場合は業績が数値化できない業務だったので、業務従事者内での順位や前年度からの伸び率などで示しました。
258件中 1~10件目