日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の40代、がんばるシングルマザー 私を認めてくれた会社が1社だけあった

転職体験レポート

掲載日2014/12/01

40代、がんばるシングルマザー 私を認めてくれた会社が1社だけあった

●<ティンカーベル>さん 42歳 東京都 ●通販/媒体制作→照明機器/秘書
●活動期間:2014年3月~2014年8月 ●応募10社→面接5社→内定1社

40代、がんばるシングルマザー
私を認めてくれた会社が1社だけあった

勤務していた通販会社が吸収合併されることになり、やむなく転職することになりました。女性で年齢が高いということに加え、私は小学生の子供を抱えるシングルマザー。これが最も大きなハンデで、急な残業や休日出勤への対応に制約があることや、子供の急病などを懸念して不採用となる企業がほとんどでした。世の中の厳しさを痛感し、悲観的になった時期もありました。

でも、がんばっていれば認めてくれる人はいるものです。それらの悪条件を考慮した上で、私の人柄とスキル、キャリアを認めてくれた企業がたった1社だけありました。念願の正社員での就業も実現。かかわってくれた人達すべてに感謝の気持ちでいっぱいです。

一番嬉しかったのは、転職先の社長が、「人材紹介会社へ支払う紹介料は決して安くはない。でも、あなたのような方を紹介してもらえたので、全然惜しいとは思いませんよ」と言ってくれたこと。期待が大きい分やる気が出ます。仕事は人材紹介会社ですが、自分の能力の可能性はまだまだあるのだとわかり、自信につながっています。

今回の転職で、人材紹介会社は大小星の数ほどあることがわかり、驚きました。それぞれに特徴があり、私の個人的な印象としては、大手は求人が多いものの、キャリアコンサルタントの対応がマニュアル的。少人数の人材紹介会社は、大手ほどの紹介数ではないけれど、社長自らが自己紹介や起業の経緯などをお話してくださるケースが多く、親近感が持てました。

登録したての時はどのバンクも積極的に求人の紹介をしてくれますが、時間の経過とともに連絡がなくなっていくようです。でも、中には定期的に状態を聞いて、こまめに求人を紹介してくれるバンクもあります。キャリアコンサルタント個人のきめ細やかさも、転職を成功に導く重要な条件だと思います。

私の転職体験レポートを検索する