日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の勇気がなくて内定辞退の数だけが増えていく……そんな私の背中を押してくれたひとこと

転職体験レポート

掲載日2009/03/09

勇気がなくて内定辞退の数だけが増えていく……そんな私の背中を押してくれたひとこと

●<miii>さん 24歳 神奈川県 ●IT/コンサルタント→流通/営業
●活動期間:2008年7月~2008年9月 ●応募28社→面接13社→内定8社

勇気がなくて内定辞退の数だけが増えていく
そんな私の背中を押してくれたひとこと

前職では、WEBセキュリティに関するコンサルタントをしていました。自分の力で企業をサポートする仕事にやりがいを感じ、年齢の割には高額の収入も手にしていました。この仕事に就いたのは、多くの人々の生活向上の役に立ちたかったから。でも、いつしか企業の都合ばかりを考え、エンドユーザーの視点を失っていることに気づいたのです。自分が本当にやりたいことを再度見つけるため、手がけていたプロジェクトの終了を機に退職しました。

転職活動を始めてから1カ月半で3社の内定をいただきました。でも、私はどの会社にも入る気になれず3社に「辞退します」と返事をし、転職活動を続けました。そのくせ、「転職がなかなか決まらない」「一生、こんなことの繰り返しかもしれない」と悩んでいたのです。その後も4社の内定を得たのですが、やはり断ろうとしていたときのことです。ある人から「働く気はあるの?」と聞かれ、我に返りました。会社に入って働く自信を失っていたことに気づいたのです。その人は「今、必要なのは勇気だよ」と私の背中を押してくれました。そのひとことで一歩踏み出そうという気持ちになれました。

転職活動の最中、さまざまな職業の人たちに会いました。いきいきと働いている人に共通しているのは、その仕事が好きか嫌いかに関係なく、目の前にある仕事を楽しみ、成果を出そうと努力している点です。私は新規開拓の営業職に就きました。自分が動かなければ何も始まらないクリエイティブな仕事で自分を鍛えるつもりです。将来はエンドユーザーの生活の不便を便利に変え、「ありがたい!」と言ってもらえるようなサービスを提供したいと思っています。

私の転職体験レポートを検索する