日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の引き継ぎ難航で入社は2カ月先に内定-取り消しの危機を救ってくれたのは…

転職体験レポート

掲載日2009/02/02

引き継ぎ難航で入社は2カ月先に内定-取り消しの危機を救ってくれたのは…

●<mizu2>さん 40歳 東京都 ●製造/営業→製造/営業
●活動期間:2008年4月~2008年6月 ●応募4社→面接1社→内定1社

引き継ぎ難航で入社は2カ月先に内定
取り消しの危機を救ってくれたのは…

営業がしたいと思って入社した会社でしたが、年々管理業務の比重が高くなっていました。営業担当に欠員が出たとき、「これはチャンス!」と大いに期待。実際、私の名前が候補に上がったらしいのですが、結局お流れになってしまいました。そのときです、転職を決意したのは。安定した立場を捨てることに多少の未練もありましたが、人生は一度きり。社内で営業に専念できないなら、社外で探すしかないと腹が決まりました。

いざ、転職活動を始めてみると自然と自分のやりたいことが見えてきました。同業界の海外営業に挑戦したいという気持ちが湧いてきたのです。それが明確になってからはトントン拍子に話が進み、無事に内定を獲得。しかし、そこからが問題でした。

会社に退職する旨を告げ、業務の引き継ぎを始めたのですが、これが思いのほか難航。内定先に入社できるまで2カ月もかかることが判明しました。いくらなんでもそんなに待たせることはできない、内定は取り消しとなり、会社は別の方を採用するだろう……私は覚悟しました。

そんな窮地を救ってくれたのがキャリアコンサルタントです。難色を示す転職先企業に対して、待ってくれるよう粘り強く交渉してくれました。そのおかげで今の私があります。力強い味方を得たおかげで、私を必要としてくれる会社に入社でき、本当にうれしく思っています。

私の転職体験レポートを検索する