日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の震災で最終面接が白紙に・・・ 一瞬で求人が0件になりました

転職体験レポート

掲載日2012/07/02

震災で最終面接が白紙に・・・ 一瞬で求人が0件になりました

●<スイコー>さん 39歳 群馬県
●総合電機/生産管理→化学・石油・ガラス・セラミック・セメント/生産技術・生産管理
●活動期間:2011年1月~2012年5月 ●応募10社→面接5社→内定1社

震災で最終面接が白紙に
一瞬で求人が0件になりました

以前勤めていた企業の事業縮小が決まり、企業の将来性に不安を感じて転職を決意したのが2011年1月のことでした。
今まで生産管理の仕事に就いてきた私は、キャリアを活かすために、同じ職種で求人を探しました。ところが、目ぼしい求人はそう簡単には見つかりません。
困った私は、以前友人から聞いていた『人材紹介会社』というサービスを思い出したのです。

その友人は1年前に人材紹介会社を活用して転職に成功しており、今は東京で活躍しています。久しぶりに電話をかけて、人材紹介会社について聞いてみると、かなり詳しく自分の経験談を話してくれました。自分では知り得ない非公開求人があること、転職アドバイスをしてくれること、面接スケジュールを組んでくれること……。細かく教えてくれたので、少し人材紹介会社活用のイメージが湧いてきました。そして、なかなか求める求人が見つからない現状も相談したところ、「求人が見つからないと動きようがない。非公開求人があるかどうかは分からないけど、一度行ってみてもいいかもしれないよ」と助言してくれました。

早速、生産管理の求人を取り扱っていた人材紹介会社に伺いました。最初に紹介していただいた求人で、応募→書類選考→二次選考とトントン拍子に決まり、あとは最終面接のみ…と、想像以上にすんなり進んでホッしたのもつかの間、とんでもないことが起こりました。3月11日の東日本大震災です。
12日に予定していた最終面接はキャンセルになり、それどころか、その求人自体が白紙に戻ってしまいました。求人は一気になくなり、キャリアコンサルタントも手の打ちようがない様子……。進捗のないまま時間だけが過ぎていきました。

諦めかけていた私に、キャリアコンサルタントから連絡が入るようになったのは、震災から1年が過ぎたころでした。「ようやく求人が増えてきました。今ならご紹介できますよ!」
これでやっと転職ができるんだ……。とにかくホッとしました。気を入れ直して、転職活動を再開です。それから二カ月。ようやく私にも春が訪れました。

震災という大変な状況の中でも、心配して電話やメールをし続けてくれた良き友と、最後まで親身にサポートしてくださったキャリアコンサルタントの2人に支えられて転職を成功させることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

私の転職体験レポートを検索する