日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の井の中の蛙だった自分を受け止め-転職活動を再スタート!

転職体験レポート

掲載日2010/10/04

井の中の蛙だった自分を受け止め-転職活動を再スタート!

●<やま>さん 48歳 東京都
●化粧品・医薬品(小売)/社内システム開発・運用→ファッション・アパレル・アクセサリー/社内システム開発・運用
●活動期間:2009年12月~2010年8月 ●応募40社→面接15社→内定2社

井の中の蛙だった自分を受け止め
転職活動を再スタート!

以前勤めていた会社で、業績不振による希望退職制度が実施されました。会社の状況に不安を覚えたことと、自分にはもっと可能性があると感じたので、同制度に応募し退職しました。

ところが、予想に反し、出鼻をくじかれました。書類にも通らない現実をつきつけられたのです。ひどい所では、メールによる応募から、たったの一時間で不採用の連絡が来たケースもありました。自信があっただけに、辛かったですね……。
企業で何年も勤め、成果を上げて、それなりのポジションについても、結局それはその企業の中での話。いわゆる“井の中の蛙”だった事に気がついたのです。
客観的な自分を知ることで、私はようやく、転職活動のスタートラインに立てたような気がしました

それから、待遇・働き方・職務内容などのこだわりをなくし、条件はほとんど限定せずに幅広い範囲で転職活動をしていきました。そこで紹介されたのがアパレル業界での社内システム開発の仕事でした。キャリアコンサルタントはつきっきりで指導してくださいました。一般論ではなく、この企業だったら経歴書はこのように書く、面接ではこの企業の誰が面接官ならこのように答えるという、こと細かなアドバイスを頂きました。一夜漬けに近い印象を受けましたが、これが的を射ており、面接から内定まで、あっという間に進みました。
今思えば、その企業を知り尽くしていないとでてこない、とても高度なアドバイスであったと感激しております。

40歳以上の転職は本当に大変ですが、働き方を選ばなければ転職は可能だと思います。派遣社員、契約社員からスタートし、その会社で結果を出して評価を上げてから正社員になる等、方法はいろいろあります。入口よりも出口を考えて、柔軟に転職活動を行ってください。

私の転職体験レポートを検索する