日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の16年ぶりの履歴書でまさかの失敗-それからは初歩的なことでも素直に質問

転職体験レポート

掲載日2008/03/10

16年ぶりの履歴書でまさかの失敗-それからは初歩的なことでも素直に質問

●<尚治>さん 34歳 千葉県 ●住宅設備メーカー/生産技術・営業支援→建材商社/営業
●活動期間:2007年6月~2007年8月 ●応募2社→面接1社→内定1社

16年ぶりの履歴書でまさかの失敗
それからは初歩的なことでも素直に質問

高校卒業後に就職した会社でずっと働いていました。いつからなのか、はっきりしないのですが、次第にやりがいが薄れ、給料にも不満を持ちながら惰性の日々を送っていたように思います。やはり、仕事をするからには自信を持って充実した毎日を送りたい。そういう気持ちが強くなっていたので、まぁ一度、転職というものに挑戦してみようかと軽い気持ちでスタートしました。

初めての転職ですから何から手をつけていいのか、全くわからなかったですね。履歴書を書くのも面接に臨むのも16年ぶり。最初は興味本位の軽い気持ちだったせいもあり、履歴書の写真を携帯電話のカメラで撮影していました。しかも私服で。常識的に考えれば、ありえない失敗ですよね。いくら知らなかったとはいえ、34歳にもなって当たり前のことができず、恥ずかしい思いをしました。

そんな世間知らずの私を、力強くサポートしてくれたのがキャリアコンサルタントです。転職の流れや手続きなども未知の世界で不安だらけだったのですが、一から丁寧に教えてくださいました。私のほうも「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」とばかりに、どんな初歩的な質問であっても素直にぶつけるようにしました。キャリアコンサルタントは面倒くさがらずに親切に対応し、きめ細かく指導してくれました。

面接にも同席していただいたので、転職活動で苦労したという気がしないですね。予想よりもずっと早く内定を獲得でき、「こんなにスムーズに転職できるのならもっと早くから動いていればよかった!」と思ったくらいです。

今回の転職で年収が100万円ほどアップすることが決まったんです。これはうれしかったですね。モチベーションが上がります(笑)。仕事はたいへんな面もありますが、やりがいを感じながら充実した日々を送っています。

私の転職体験レポートを検索する