日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中のもう再就職できないかもしれない……不安に打ち勝ち、執念でつかんだ奇跡の内定

転職体験レポート

掲載日2013/04/01

もう再就職できないかもしれない……不安に打ち勝ち、執念でつかんだ奇跡の内定

●<友造>さん 59歳 栃木県 ●板金/管理職→板金/管理職
●活動期間:2012年6月~2013年1月 ●応募10社→面接4社→内定2社

もう再就職できないかもしれない
不安に打ち勝ち、執念でつかんだ奇跡の内定

59歳で転職なんて無謀でしょう?でも、前の会社に居続けるなんて到底できなかったんです。会社の経営方針が短期間でコロコロと変わるんですよ。自分の仕事に満足できないだけならまだしも、従業員に対してなんとも説明できない状況がずっと続いていました。もちろん、改善提案を何度も出しましたが、全然取り合ってもらえない。そのうち、社員の給料が不払いになり、取引先への支払いも滞って……。心身ともにくたびれ果てて、転職を決断せざるをえなかったわけです。

予想以上に転職活動は厳しいものでした。まず、この年齢を対象にした求人がない。【人材バンクネット】は朝・昼・晩の最低3回はチェックしました。新しい情報があれば、すぐに会社のホームページを見て所在地や事業内容を調べ、自分に適した仕事であるかを確認しました。ハローワークや再就職支援センターにも通いました。1社見つけては、はやる心で応募。書類選考に落ちて落胆。また1社見つけては気を取り直して応募、といったことの繰り返し。もう再就職できないかもしれない、とあきらめかけたことは1度や2度ではありません。家族を巻き込んで毎日悩み、本当に辛い思いをしました。

高齢の転職者のネックとなる事柄の一つは年収だと思います。私にも譲れない金額というものがありました。しかし、キャリアコンサルタントから「企業には予算があるし、入社後に業績が上がって年収がアップする可能性もある。最初から希望額にこだわらず、話を進めては?」とアドバイスを受けました。

考え方を切り替えてから、少しずつうまくいくようになり、現在の会社の内定につながりました。年収ははじめに聞いていた金額よりも増え、最終的には前職より80万円も多くなりました。奇跡のような転職が決まり、新しい気持ちで仕事に取り組んでいます。

私の転職体験レポートを検索する