日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の人生の先輩と思えるキャリアコンサルタントとの出会い-自分の成長を実感した転職だった

転職体験レポート

掲載日2005/04/04

人生の先輩と思えるキャリアコンサルタントとの出会い-自分の成長を実感した転職だった

●<クワトロ>さん 42歳 大阪府 ●建築設備/技術→装置メーカー/設計
●活動期間:2005年1月~2005年1月 ●応募20社→面接10社→内定1社

人生の先輩と思えるキャリアコンサルタントとの出会い
自分の成長を実感した転職だった

前職は建築加工品のメーカーで設計の仕事をしていました。その会社は営業担当者の力が非常に強くて、私たち技術職の意見など、全然聞き入れてもらえない環境。「営業がとってきた仕事なんだから、徹夜してでも仕上げろ」という雰囲気です。都合があって、7時や8時に帰宅しようものなら「こんなに早く帰るなんて!」という非難の声が。そんな社風に耐えられなくて、転職活動を始めました。

【人材バンクネット】への登録だけではなく、あらゆる手段を使って活動をしました。そうはいっても内勤のため、指定された面接日に行くこと自体が戦い。面接の日程調整をお願いしたら、露骨に嫌そうな言い回しをされたり、指定日が無理なら面接はしないと言われたり。葛藤の日々でしたね。

人材紹介会社にはできるだけ多く登録し、マメに連絡を入れました。できるだけ数多くの企業を紹介してもらうためでもありますが、信頼して相談できる相手が見つかる確率も高まると思ったからです。実際、人生の相談相手と思えるようなキャリアコンサルタントとの出会いがありましたよ。ビルの一室で企業を紹介してもらっているのに、なぜか、人生の先輩と赤提灯で語り合っているような感じなんです。この方には、とても勇気づけられました。

やっとのことで、内定を得たわけですが、苦労した分、自分が成長した転職活動だったと思います。諦めずにやり遂げる気持ちが大切ですね。私自身の仕事への姿勢も変わりました。今までは惰性で仕事をしていたようなところがありました。

今は、仕事の幅を広げるためにも、必要な資格をどんどん取得していこうと、向学心がわいています。とにかく、あきらめないで辛抱強く地道に活動すること。必ず道は開けます。

私の転職体験レポートを検索する