転職研究室|職種別!職務経歴書の書き方/解説&ダウンロード|弁護士(企業応募用)

の中の の中の の中の

職種別!職務経歴書の書き方、決定版

弁護士(企業応募用)

「弁護士(企業応募用)」職務経歴書のポイント

企業法務経験を中心にアピールする

弁護士の職務経歴書は、希望進路によってポイントが異なります。企業への転職希望の場合は、民事、刑事系の経験より、企業法務の経験を中心に訴求します。また、事務所⇒企業など、キャリアチェンジの場合は自己PR欄に志望理由を明記してください。
語学力についても、業務での使用経験があれば忘れずに記入しましょう。

「弁護士(企業応募用)」職務経歴書 見本/サンプル

会員登録するとこの画面から職務経歴書サンプルをダウンロードできます(Word形式)

職務経歴書

20XX年X月X日現在
山田 太郎

■職務要約

POINT
3行~6行程度で経歴をまとめてください。
「職務内容」以降の職務経歴を読んでもらえるかの重要な部分です。
業務上での対応や応募職種に必要なスキルを中心に、選考者の興味を惹くように
①簡単かつ明解に  ②強みをアピール してください。

●●法科大学院修了後、司法試験に合格し、〇年間、●●法律事務所にて、企業法務を軸に業務経験を積んでまいりました。ジェネラルコーポレートを中心に、ファイナンス法務やM&Aに関するDDなどの経験がございます。
大手メーカーでの駐在経験もあるため、インハウスとしての業務も理解しております。
今後は米国ロースクールに留学した経験等を活かし、国際法務の領域で企業経営のお役に立てる存在になりたいと考えています。

■職務経歴

<会社概要>

○○法律事務所(勤務期間:20XX年X月X日~現在)

●従業員数:XX名(うち弁護士数:XX名) ●取扱い業務:○○ ●クライアント比率:法人○%、個人○%

期間 業務内容
20XX年X月~
現在
POINT
  • 直近の経験から経歴を記載し、西暦表記が一般的です。
  • 会社説明を詳細かつデータで示すことで調査能力や興味度合い、プレゼン能力を訴求できます。
  • 箇条書きで業務詳細を記載してください。
  • 経験した業務は網羅するように心掛け、できるだけ詳細に記します。

【ジェネラルコーポレート】

■契約法務

  • 売買契約、秘密保持契約、業務委託契約・・・○契約の作成・審査・交渉(月○件)
    ※ドラフティング:レビュー=7:3 英文:和文=5:5

■商事法務

  • 株主総会、取締役会の準備・運営
  • 海外子会社設立(中国・米国)、国内グループ子会社の再編
    ※法務課長の補佐役として、上記業務に携わりました。

■コンプライアンス

  • 法令順守マニュアルの作成
  • 社内コンプライアンス教育講師(○○法、○○法 等)
    ※社内研修講師は年に一度、15の拠点及び事業部を回って主担当として実施しました。

【コーポレート】

■M&A

  • 国内子会社買収時におけるデューディリジェンス
    ※業界:○○ 資本金:○○ 社員数:○○ 等
  • 業務提携、事業譲渡に関する契約交渉・締結

【労働法】

  • 就業規則の作成
  • 解雇・退職勧奨等に関する相談

【知財】

  • 技術のライセンス契約における契約書の作成、交渉
    ※特許の権利化業務は、法務部ではなく別途知財部が扱っていました。

【その他の経験】

  • 大手メーカーへの出向
  • 海外法律事務所への出向

POINT
項目の途中で改ページすることがないようにレイアウトを調整してください。

■自己PR

POINT
  • 仕事を通じて「経験したこと」「仕事を行う上で意識してきたこと」「仕事のスタイル」を記述します。
  • 今後チャレンジしたいこと、強化したい分野など、入社後の目的、目標を明記します。
  • (補足)

  • アピールポイントは1行程度、エピソードや具体例は3~5行以内だと、端的で読みやすくなります。
    少し長くなる場合は、冗長にならないよう1段落3~5行程度にすると、要点がまとまった印象になります。
  • 今後の方向性や目標が明確な方は、記載するといいでしょう。
  • コミュニケーション能力・調整力・社内を巻き込む力・信頼関係構築力といったスキルは、エピソード、実績とともにアピールしてください。

「事業推進を加速する為の代案が出せる法務」をモットーに業務を遂行します。
 法務部門は、ともすれば企業経営のスピードをダウンさせる部署にもなり兼ねません。もちろん、法令順守は企業にとって大切な姿勢ではありますが、「できない、やってはいけない」というブレーキ役に留まることなく、「こうすれば大丈夫」という代案を模索する姿勢こそが、企業経営に貢献するための大切な姿勢だと認識しております。例えば・・・
・・・
・・・(具体的な例をあげます)
・・・
 これまでの法務全般における実務経験や、マネジメント経験、米国ロースクール留学経験を活かして御社に貢献すると共に、常に成長する為の謙虚な姿勢を忘れずに取り組んで参りたいと思います。

■保有資格

  • 20XX年XX月 弁護士登録(修習期:●●期)
  • 20XX年XX月NY州弁護士登録

■備考

  • 20XX年XX月~20XX年XX月 ○○語学学校へ留学(米国)
  • 20XX年XX月~20XX年XX月 ○○大学ロースクール(LLM)在籍・修了(米国)
  • 20XX年XX月~20XX年XX月 ○○法律事務所に出向(米国)

以上

POINT

文末は「以上」で結ぶのが基本です。レイアウトを工夫し、ページの末尾に大きな余白ができないように心がけてください。

■特記事項

  • 離職期間等、選考上マイナスになりそうな点、懸念に感じられそうな点があれば「■特記事項」の見出しをたてて、事情説明します。
    (転職回数が4回以上の方や、在籍期間1 年以内での転職、半年以上の離職期間 等)
  • 退職理由を記載する場合は、あくまで簡潔に1~2行程度で記載して下さい。
    退職理由は長文になるほどネガティブな内容になりがちです。具体的かつ簡潔に記載しましょう。
    (例:採用時との労働条件相違のため、家族の介護のため、等)
  • 退職理由として「キャリアアップのため」「一身上の都合」は、内容が不明確のため避けた方が良い表現です。
■職務経歴書の指導にご協力いただいた人材紹介会社
株式会社MS-Japan 東京本社
〒102-0071 東京都 千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F[Map]
交通/JR飯田橋駅西口より徒歩2分 地下鉄B2a出口より徒歩2分 ■横浜支社 〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル1F TEL.045-287-8080  FAX.045-287-8081  担当/登録受付担当 net@jmsc.co.jp 交通/JR他各線横浜駅西口より徒歩4分
職務経歴書作成ツールがおススメ

の中の の中の の中の