転職研究室|職種別!職務経歴書の書き方/解説&ダウンロード|経理

の中の の中の の中の

職種別!職務経歴書の書き方、決定版

経理

「経理」職務経歴書のポイント

経理では、担当業務と会社規模、上場・非上場は必ず記載!

経理の仕事は大きく分けて、決算業務(月次・年次)、税務業務、有価証券報告書作成業務の3つに分かれます。会社の規模が大きくなるほど業務が細分化されているので、会社規模や所属チーム人数を記入するのは、基本中の基本です。 さらに、どの範囲の業務を担当していたか、そこでの役割を明確に記載することで、入社後のミスマッチを防げます。

「経理」職務経歴書 見本/サンプル

会員登録するとこの画面から職務経歴書サンプルをダウンロードできます(Word形式)

職務経歴書

20XX年X月X日現在
山田 太郎

■職務概要

POINT
採用担当者が職務経歴書を隅々まで読んでくれるとは思わないことが重要です。 よって、冒頭の要約でいかに簡潔に実務上のアピールポイントを伝えられるかで、職務経歴書全体の印象が変わります。 単に要約するだけではなく、実務における強み(他候補者に対する優位性)や、職務経歴書の中で特に読み取ってほしい事項を明記することを心がけてください。

自動車部品メーカーと東証一部上場子会社の繊維商社で約XX年間、経理部門にて経理、財務、税務を広く経験してまいりました。 特に前職では東証一部上場の親会社向けに連結パッケージ作成、会計監査対応の経験を積んでおり、現在では管理職として部下4名のマネジメント、業務の取りまとめ、金融機関折衝の経験を積んでいます。

■職務経歴

POINT
転職市場においては、直近の経歴を主な評価の対象にしますので、逆時系列で記載することをおすすめいたします。 また、在職中の場合、勤務期間の結びは「現在」と記載しましょう。

<会社概要>

POINT
経理業務は会社規模、業種、上場・非上場によって業務内容が異なります。 会社概要を記載するのは、基本中の基本です。

株式会社○○○○○○○○(勤務期間:20XX年X月X日~現在)

●事業概要: 中堅自動車部品メーカー(未上場)
●資本金:XXX億円 ●売上:XXXX億XX万円(20XX年度) ●従業員数:XXXX名

期間 業務内容
20XX年X月 ~
20XX年X月
POINT
経理業務は小規模でない限りは、分業が基本になります。 何人の組織でどのパートを担っているのかが分かるようにしておくことで、ミスマッチを防ぐことができます。

【所属・職位】管理部財務経理課(5名)・課長職

【組織構成】課長(本人)、スタッフ4名

【業務内容】

POINT
箇条書きの際は、およそ近しい業務をまとめる、または財務会計、財務、管理会計の順などで、順序立てて記載すると理解していただきやすくなります。
  • 月次・四半期・年次決算
  • 税務申告書作成補助(税金計算、顧問税理士対応)
  • 金融機関折衝
  • 資金調達、資金繰り
  • 資産の減価償却
  • 予算計画、資金計画、予算実績差異分析
  • 原価管理
POINT
職務内容は箇条書きで見やすさを重視すべきですが、適宜、説明を文章で補足することで、経歴が分かりやすくなります。この例では、業務での役割が明確に示されています。

プレイングマネージャーとして、部下の各種伝票起票、債権・債務管理をサポートしながら、決算業務、税務申告、管理会計、財務を中心に担当しています。特に財務では、資金繰りと金融機関折衝の他に、手形売却やファクタリングを組み合わせ、銀行借入残高および総資産の圧縮を図っています。

19XX年X月 ~ 20XX年X月

【所属・職位】○○工場管理課(3名)・スタッフ職

【組織構成】課長、スタッフ2名(本人含む)

【業務内容】

  • 予算計画、資金計画補助
  • 原価管理及び原価計算(個別原価)
  • 給与計算、社会保険手続きなど人事・労務業務補助

工場の管理課で主に経理、予算管理を担当しました。特に原価計算業務は課長から引継ぎを受けて、取りまとめを担当しました。また、人事・労務を担当する同僚の業務を一部サポートしました。

POINT
改ページにも気を配りましょう。項目がページをまたぐ形は好ましくありません。文章は1ページ目にて完結するよう調整してください。

<会社概要>

株式会社○○○○○○○○(勤務期間:19XX年X月X日~19XX年X月X日)

●事業概要:繊維商社(東証一部上場子会社)
●資本金:XXX億円  ●売上:XXXX億XX万円  ●従業員数:XXXX名

期間 業務内容
19XX年X月 ~
19XX年X月

【所属・職位】経理部経理課(8名)・決算チーム主任職

【組織構成】課長、決算チーム3名:主任(本人)、スタッフ2名/主計チーム4名

【業務内容】

  • 月次・四半期決算業務
  • 親会社に対する連結パッケージ作成
  • 税務申告書作成(法人税・消費税)
  • 監査法人対応
  • 国税査察対応
  • 業務改善など(業務フロー改善・効率化、会計制度・税制変更への対応)

決算チームの現場責任者として、決算取りまとめから税務申告書作成までの業務を経験しました。親会社が東証一部上場企業のため、連結パッケージの作成や会計監査対応も任されました。その他に各種業務改善にも取り組みました。

19XX年X月 ~ 19XX年X月
POINT
強みを明確にするためにコアキャリアでない職歴は、簡略化して記載することもテクニックの1つです。

経理部経理課にスタッフとして入社して日常的な経理業務を経験した後、財務課に異動して、上司の課長の補佐として資金繰り表作成・管理、外国為替取引補助、金融機関折衝資料作成補助を経験しました。

■保有資格

  • 日商簿記2級(20XX年)
  • 税理士試験3科目合格(簿記論、財務諸表論、法人税法)

■英語力

POINT
PCスキルや英語力を記載する場合は、客観的な指標(TOEICなど)に加えて、具体的に実務で使っている内容などを記載しましょう。
  • TOEIC650点(20XX年)
  • 実務での使用頻度は少ないですが、英文財務諸表の読解は可能です。

■自己PR

POINT
文末の自己PRでは、まだ記載しきれていないPR情報の補足(実務以外のヒューマンスキルなど)や現在取り組んでいること、将来の展望などを記載しましょう。

財務会計、管理会計を広く経験してゼネラルに対応できるスキルを身に着けつつ、専門性も高める努力を惜しみません。特に現在は変わっていく税制に対応するため税理士資格取得の勉強を進めております。
引き続きプレイングマネージャーとして実務に関わりながら、今後はより経営層に近いポジションで業務に取組みたいと考えています。


以上

POINT
文末は「以上」で結ぶのが基本です。
■職務経歴書の指導にご協力いただいた人材紹介会社
株式会社MS-Japan 東京本社
〒102-0071 東京都 千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム4F[Map]
交通/JR飯田橋駅西口より徒歩2分 地下鉄B2a出口より徒歩2分 ■横浜支社 〒220-0004 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル1F TEL.045-287-8080  FAX.045-287-8081  担当/登録受付担当 net@jmsc.co.jp 交通/JR他各線横浜駅西口より徒歩4分
職務経歴書作成ツールがおススメ

の中の の中の の中の