コンサルタントインタビュー 延与 功雄(グローバルリファイン株式会社 本社(神田))

の中の の中の の中の

photo

グローバルリファイン株式会社 本社(神田)

エンヨ イサオ

延与 功雄(No.10438)

  • 男性
  • コンサルタント歴16年

    得意な相談

  • ベンチャー企業
  • 大手・上場企業
  • エグゼクティブ
  • シニア層
  • ミドル層

Consultant Interview

転職者の現状と希望をふまえて
今すべき準備と心構えを助言

大手チェーンストア一筋で得た経験

コンサルタントをされる前は、どんなお仕事をされていましたか?

大手チェーンストアで、家庭用品のバイヤー、SV、店長、販売部長、店舗開発などを35年にわたって担当してきました。企業としては1社の経験ですが、職種は多岐に渡っていて、不況期には人員削減に関する業務にも携わりました。退職者のさまざまな思いを受け止めた経験が、転職をご支援の際に生かせるのではないかと感じ、この業界に転身しました。実際、思いを聞きだすという点が今の仕事に生きていると感じています。

流通業や小売業への転職支援がご専門ですか?

はい、そうです。これまでの経験から、流通業や小売業の方とお話していると、どんな仕事に向いているかなど、適性はだいたい分かります。紹介先の会社で、元気に活躍をしている話を聞くと、いいお手伝いができて本当によかったと喜びを感じます。

流通・小売業界の転職に注意点あり

この業界ならではの転職の心得はありますか?

企業の風土を知ることです。他の業界でも大事ですが、特に流通業界や飲食業界はオーナー系企業が多く、良くも悪くも会社独特のクセがあります。同じ仕事であっても風土による違いが見られます。言い換えれば、風土に合えば仕事もしやすいので、ご自身の幅も広がり、出世も期待できることになります。とはいえ、企業の風土を知ることは簡単ではありません。そういった時の手段の一つとして、紹介会社を利用してみると有効に活動を進められると思います。また、流通業では地方に成長企業が数多くあるのも特徴です。そのような会社は、例えば首都圏にお住まいの方を積極的に採用されることもあります。キャリアのある求職者を迎え入れるための環境を、用意している会社も少なくありません。勤務地域を幅広く検討してみることで、希望の企業と巡り合えることもあると思います。

流通・小売業界に、向いているタイプはありますか?

特に行動型の人が向いていると思います。つまり、アクションが早く、物事に積極的なタイプの人です。与えられた仕事だけをきちんとやる人ではなく、組織を超えてでも「こうやるべきだ」と主張していけるような人材が活躍しています。

「求職者目線の誠意と提案」がポリシー

転職支援では、どのようなポリシーをお持ちでしょうか?

「誠意と提案」が私のポリシーです。当たり前ですが、誠意を持った対応をすることで少しでも求職者が話しやすい環境を作ろうと思っています。提案とは、求職者が希望していない、または意識していない求人でも、具体的根拠を交えながら考え方の一つとして話をするということです。どんな状況で転職を決断したのかを聞き、それぞれの事情を汲み取った上で新たな提案を行います。実は求職者自身が認識していないだけで、求職者にマッチしていることもあります。私は求職者の可能性をつぶすことは絶対にしないようにしています。唐突に希望とは異なる提案を行ってしまっては、求職者も聞く耳を持たないと思いますが、誠意をもって接していればしっかり耳を傾けてくれます。

よりよい転職のために準備しておくことはありますか?

自分の強み弱みを常日頃から意識して、時に強みを高め、時に弱みを補う努力が必要だと思います。自分のキャリアを振り返って、足りない部分があればジョブローテーションで配置換えの希望を出したり、社内研修を活用したりして強める努力をするのもいいと思います。若い方の中には、強み弱みを認識すること自体ができていないケースも見受けられます。もちろん、そういった場合は相対的に求職者の方の強み弱みをお伝えするように致します。転職をするタイミングでのご相談はもちろんですが、キャリアについて悩んだ時には、ご相談いただきたいと思います。ご自身のキャリアの棚卸しをするお手伝いは、私たちにお任せください。

の中の の中の の中の