日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

トップリンクボタン
トップリンクボタン * TOP
トップ・インタビュー
株式会社 まぐクリック
取締役経営管理本部長CFO
薛 仁興氏
求人動向レポート
* 経理・財務編
* 法務・知財・特許編
キャリアパス
* 経理・財務編
* 法務・知財・特許編
体験カウンセリング
* 経理を基礎から学びたい
* 転職すべきか、留まるべきか
スカウト転職体験記
* 経理スペシャリストになりたい
* 事務系キャリアを拡げたい
キャリアパス事例集 キャリアパス事例集 キャリアパス事例集

5年後、10年後の目標を立てて歩いていこう

キャリアパス事例集特定のスキル・経験が求められる経理・財務・法務では、売りになるスキルが多ければ多いほど、キャリアプランの選択肢は広がる。しかしキャリアゴールを定めず闇雲にスキルを身に付けても意味がない。まずは「5年後、10年後にどんな会社のどんなポジションで、どんな業務をしていたいのか」をしっかりイメージして、そうなるためには今どうすべきか、何を身に付けるべきかを考えよう。

経理・財務編
法務・知財・特許編

経理・財務のキャリアパス

スペシャリスト職である経理・財務職は、年齢によって求められるスキル・経験が他の職種に比べはっきりしている。よって、年齢に応じて「できること」と「知識」を増やしていくことが、レベルアップ転職につながるといえそうだ。ここでは経理・財務パーソンの志向を4パターンに分け、それぞれのキャリアパスの一例を紹介する。

なお、それぞれの年齢で求められる経験・スキルは、募集企業によってさまざまなので、「必ず経験しておかなければならない」というわけではない。ここで例として提示しているのは、目指す目標に近づくために身に付けておきたい経験・スキルである。


pass1 ベンチャー企業のCFOへのキャリアパスの一例
【転職動機、志向】
●経理・財務の枠を超えて、企業価値を高めたい
●幅広い業務を経験したい
●できるだけ若いうちに、経営にタッチしたい
●早く管理部門のトップとして活躍したい
●会社と一緒に成長したい
↓
20代前半〜後半
未上場ベンチャー企業
経理スタッフorマネージャー

経験しておきたい主な業務経験しておきたい主な業務
●株式公開
ポイントポイント
●株式公開の経験があれば、CFOへの道がぐんと近くなる
●財務業務(銀行折衝、資金繰り、資金調達、資金運用など)
●監査法人、主幹事証券会社の選定および対応
●IR
●税務申告書作成
●総務・人事業務
ポイントポイント
●若手は経験よりも会社の経営方針・ポリシー・性格との相性が重視される
↓
30代前半〜40代
CFO
pass2 中堅企業から大手上場企業へのキャリアパスの一例
【転職動機、志向】
●もっと規模の大きな会社で今までやったことのない業務に携わりたい
●深く狭く、ひとつの業務を究めたい
↓
20代前半〜後半
国内中堅企業 経理スタッフ

経験しておきたい主な業務経験しておきたい主な業務
●財務会計業務全般(月次、年次決算まで全般的に対応できる)
ポイントポイント
●なるべく早いうちに年次決算までの財務会計業務を経験しておくと、可能性アップ

●税務申告書
●管理会計
ポイントポイント
●税理士(科目合格含む)の資格を取得していれば経験の浅さをカバーできる可能性もあり
●税務申告、管理会計など、ひとつの業務のスペシャリストとしてのスキルを身に付けられていれば有利
●連結決算、有価証券報告書作成の経験があるとかなり有利

ポイントあると有利な資格、スキル
●日商簿記1級
●US CPA
●英語力
↓
20代半ば〜30代前半
大手上場企業 経理スタッフ

経験しておきたい主な業務経験しておきたい主な業務
●原価計算(メーカー)→特定分野に特化したスペシャリストへの道も
●税務申告書
ポイントポイント
●業務が縦割りで細かくセグメントされているので、企業によっては、ひとつの業務を長い時間をかけて追究できる。「原価計算一筋何十年」という「その道のプロ」を目指すことも
↓
30代前半〜40代
経理主任〜マネジャー

経験しておきたい主な業務経験しておきたい主な業務
●連結決算
●連結納税
●有価証券報告書
↓
40代〜
経理・財務部長

pass3 国内企業から外資系企業へのキャリアパスの一例
【転職動機、志向】
●英語を駆使してワールドワイドに働きたい
●実力主義の外資系でバリバリ働きたい
●キャリアを積み重ねて、年収アップを目指したい
↓
20代前半〜20代半ば
国内企業入社 経理スタッフ

経験しておきたい主な業務経験しておきたい主な業務および、身に付けておきたいスキル、資格
一連の財務会計業務
TOEIC 700点以上
US CPA取得
日商簿記1級(あれば有利)
ポイントポイント
●実務経験プラス英語力とUS CPAがアピール材料になる
↓
20代半ば〜30代半ば
外資系企業 経理スタッフorマネジャー

経験しておきたい主な業務
英語でのレポーティング
米国会計基準マスター
決算取りまとめ
マネージメント経験
ポイントポイント
●TOEIC800〜850点以上の高い英語力が必要
↓
40代前半〜
コントローラー
↓
40〜50代
CFO
pass4 経理から経営企画へのキャリアパスの一例
【転職動機、志向】
●ルーティンの財務会計業務には飽きてきた
●過去の数字から未来を予測したい
●経営戦略を立ててみたい
●会社経営に携わりたい
↓
20代前半〜20代後半
国内企業 経理スタッフ

経験しておきたい主な業務経験しておきたい主な業務
●年次決算までの一連の財務会計業務
ポイントポイント
なるべく早いうちに決算業務を経験しておくと、転職先の幅が広がる
●税務申告書作成
●管理会計
↓
20代後半〜30代半ば
経営企画

経験しておきたい主な業務
●経営分析
●計数管理
●経営計画立案
●事業統括
●国際戦略関連業務
●戦略的M&A
ポイントポイント
●ここまできたら会計・経営コンサルタントへの道も
↓
30代半ば〜40代
経営企画部部長
↓
40代〜50代
CFO

特に歓迎されるプラスアルファのスキル
近年、経理システムにERPを導入する企業が増加中なので、ERPや会計ソフトを導入・運営した経験はプラスアルファの評価になる。経理システムの導入に携われるチャンスがあるなら、積極的に手を挙げよう。ちなみにSEから経理へと転進する人も増加中とか。



メールこのページのご意見・ご感想などは、
editor@jinzai-bank.com
までどしどしお寄せください



 
取材協力

日本MSセンター/草本忍氏
ANJOインターナショナル/佐藤春香氏
キャプラン/朝日正樹氏

イラスト/もりいくすお
取材・文/山下久猛(編集部)