転職研究室|人材紹介会社 徹底調査隊!|株式会社レッツアイ

の中の の中の の中の

人材紹介会社 徹底調査隊

今回の調査対象社

株式会社レッツアイ

Web&クリエイティブに特化した、クリエイターのための人材サービスを展開する株式会社レッツアイ。ご登録者をタレントと呼び、敬意を表している。34歳の若手社長が、その熱い志を語ります!

株式会社レッツアイ 本社

〒530-0047 大阪府 大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂィング5F[Map]

【交通】地下鉄『淀屋橋』駅出口 徒歩3分

関西を拠点にWebクリエイター向けの人材サービス

株式会社レッツアイ写真クリエイター向け、しかもWeb系をメインに扱っている株式会社レッツアイ。2009年の設立からわずか2年。すでに様々な実績を上げていて、代表取締役である林智宏さんの手腕が伺えます。

「もともと、外資系の人材紹介会社でコンサルタントをしていたんです。会社も仕事も好きだったんですが、もっとWeb系に注力したいという気持ちがあったんですね。それに、様々なクリエイターと接する中で、本当の意味で彼らを支援したいと思うようになって」(代表取締役/林智宏さん)

――実際に独立してみて、Webクリエイターの需要の高さを改めて実感したそうですね。

「Webディレクター、デザイナー、コーダー…。なかでも、Webマスターと呼ばれるネットショップを運営・管理ができる人のニーズが急増してます。私たちも、この分野には力を入れていきたい。『Webマスターを探してる』という企業は非常に多いですよ」(林さん)

現在、クライアントは誰もが知っている大手や上場企業もあれば、小さいけれど「知る人ぞ知る」優良企業まで、バラエティに富んだ顔ぶれ。

――紹介会社のベンチャーである御社には、ユニークな案件が舞い込んでくることも多いそうですね。

代表取締役の林智宏さん「最近決まった話でいうと、京都の老舗着物メーカーがありますね。一般的には知られていませんが、業界では超有名。そこの社長さんは、自らネットショップを運営管理されてまして。でも、社長は経営が本業。ネットショップを一任できる人はいないか、と」(林さん)

京都、着物、Web。林さんの中で「ピンっ!」とレーダーが動きます。

「実は、ドンピシャな登録者がいたんです!京都と着物が好きで、『和』に関わる仕事ができたら…と言うWebデザイナー。アっと言う間に内定が決まって、即入社。このスピードには私も感動しましたよ(笑)」(林さん)

――こういったピンポイントな案件は、ほとんど世の中には出てこないですよね。

「だからこそ、エージェントが間に立って、クリエイターと結びつけたい。面白い案件が出てきて一番喜んでくれるのは、クリエイターなんです」(林さん)

精度の高いマッチングで信頼を重ねていく

「クライアントからクライアントを紹介されることも少なくないという同社。大きな信頼を得ている理由のひとつは、「マッチング精度の高さ」にある。

「当社では、クライアント担当と登録者担当を分けていません。登録者のことを知らないで営業しても仕方ないし、クライアントを知らずに仕事紹介はできない。両者を知り尽くした一人のコンサルタントがいることで、ミスマッチを防ぐことができるんです」(林さん)

企業の風土・空気感など、コンサルタントが実際に肌で感じるものがあり、経歴書だけでは語れない登録者の魅力がある。分業では、うやむやになってしまうかも…。

Webクリエイティブに関する専門知識は相当なもの「ある大手クライアントから伺ったんですが。そこは多数の紹介会社と取引されているんですね。その中で、各社の『紹介決定率』を計算してみたところ、『株式会社レッツアイさんがナンバーワンだった』と。これは本当に嬉しい。大手の紹介会社もある中で、これだけの成果を出せていることは、私たちの大きな強みです」(林さん)

――「キーパーソン」と直接おつきあいすることが重要だそうですね。

「私たちは、クライアント企業の社長もしくは役員クラスなど、決定権を持つ方々とお会いしています。彼らは、まず事業計画から考える。『それを進めるには、こんな人が必要ではないですか』とこちらから提案するんです。もちろん、社長のほうから相談を受けることも少なくありません」(林さん)

まだ顕在化していない人材ニーズをこちらが察知することで、その事業計画がはるかに前進することもある。人材は、それほど重要なものなのだ。

「しっかり、きっちり。当たり前の営業、当たり前のコンサルが大切なのではないでしょうか。良いマッチングをすることで、信頼を積み重ねていく。この仕事は、本当にそれの繰り返しなんです」(林さん)

――仕事に真摯でいらっしゃる林さんが、御社で実現したいことが「クリエイターの支援」だと伺っていますが。

「クリエイターは、個人・SOHOで活動する方が多い。当社でも登録者の2割ほどがフリーランスです。彼らのために、『プロジェクト単位での仕事紹介』にも力を入れています」(林さん)

個人で仕事をするとなると、営業や経理など「仕事以外」のことも大切になってくる。仕事が少ない時期もあるだろうし、トラブルも自分で解決する必要がある。

「私たちがクリエイターのエージェントとして、営業代行役、リスク相談役になります。某有名携帯ゲームのコンテンツ開発など、すでに面白い仕事をしてもらっていますよ。このやり方は企業側にもメリットが多いので、伸ばしていきたい分野です」(林さん)

町医者のように、ひとりひとりと向き合いたい

――より良い転職のために、最初のキャリアカウンセリングはとても重要。同社でも十分に時間をとって行っているそう。

「カウンセリングでは夢や目標を伺うんですが、『キャリア』という枠をいったん外してほしい。仕事を超えて、どんな人生を送りたいのか。その方のライフヴィジョンを共有したい。『ライフカウンセリング』と呼んでもいいくらいです」(林さん)

――さらに、林さんはコーチングを積極的に取り入れていますね。

「カウンセリングは、自身の状況を棚卸しするもの。一時的に行うものです。コーチングは、目標や課題を設定して、継続的に行っていきます。この2つをきっちりと使い分けることが大切なんですよ」(林さん)

例えば、「何日までに提出書類を完成させてください」と目標を設定する。そのためには、今日から何を始めたらいいのか。途中経過を聞いて、何も進んでいないようなら「なぜできなかったのか」を一緒に考える。

観葉植物が置かれ、配色も考えられている。「ときには、厳しめに律することもあります。登録者の可能性を最大限に引き上げるのが、コンサルタントの役目。私たちは、かかりつけの町医者のようなコンサルタントでありたい。ひとりひとりに合ったやり方で、導いていきたいんです」(林さん)

病気ではないかもしれないけど、なんか調子が悪いなあ。そんなとき、町のお医者さんなら気軽に、構えずに行くことができる。

「今すぐに転職を考えてるわけじゃない。でも悩んでる。どうしたらいいんだろう。そんな方、大歓迎ですよ。当社を選んで来て頂いてるんですから、ありがたい話です。何かひとつでも『プラス』を持って帰ってもらえれば」(林さん)

――本当に、情熱にあふれている林さん。株式会社レッツアイに来ればきっと道が開ける…とポジティブな気持ちになれるカウンセリングをぜひ受けてほしいと思います。

代表取締役 林智宏さん

代表取締役 林智宏さん

元SONYの開発研究者という異色の経歴を持つ。「開発の仕事は面白かったんです。話せば長くなるんですが、簡単に言うと『人に関わりたい』という思いが強くなった」。その後、デザイン、マーケティング専門の人材サービス会社へ。コンサルタント兼ヘッドハンターとして活躍していたが、2009年、独立して株式会社レッツアイを設立。ベンチャースピリットあふれる34歳。「今年から、中国や香港、ベトナムなど、アジアで優秀な人材を日本企業へご紹介する新しい人材サービスも開始予定。すでに現地の紹介会社とも交渉中。ご期待ください!」

同社の強み

POINT 1

大阪、関西に強み!Webに特化

POINT 2

クライアント企業との深いつながり

POINT 3

町医者として、ひとりひとりと向き合う

POINT 4

優良オリジナル案件も多数

気になる転職成功事例
32歳/男性 Webデザイン会社/ベンチャー企業 大手IT企業(東証一部上場)/Webディレクター/※年収30%アップ!!
23歳/女性 未経験の大学新卒/大学のHP担当 薬剤販売会社/Webマスター
35歳/女性 インターネット広告代理店/Webデザイナー 京都老舗着物メーカー/Webマスター/※年収アップ!!

責任者にお聞きしました

代表取締役 林智宏さん

1%でも可能性があれば、
全力で引き上げます

代表取締役 林智宏さん

人材ビジネス歴8年。前職での経験から、「Webに特化し、クリエイターを支援できる会社を作りたい」と株式会社レッツアイを立ち上げる。趣味は、将棋(!)「真剣師だった大田学先生が私の師匠。今もときどき、新世界の将棋道場に行ってますよ」。道場で出会うおっちゃん達との交流も、日々の糧となっている。

当社には、60歳近い登録者がいらっしゃいます。正直なところ、転職は簡単ではありません。でも、長年培ってきたスキルがあり、何より人生経験がある。可能性はゼロではない。正社員が難しいなら、業務委託で。いや、顧問という形でも。これまでの経験をふまえてセミナーを開催してもらうという方法もあります。

大学を卒業したばかりの女性がやって来ました。聞けば、応援団をやっていたとのこと。元気いっぱいで、ハキハキしている。彼女は、大学のホームページの管理を任されていたそうです。本来なら、実務経験者でないと紹介は難しいのですが、「この人なら未経験でも大丈夫かも…」とピンと来たんですね。クライアントに「一度会ってみてほしい」とお願いして、なんとすんなり決まったんです。

たとえビジネスにならなくてもいい。この仕事は、利益を優先してしまったら、違う方向に行ってしまうと思います。長続きしないし、何よりそんなことはしたくない。人のお手伝いは、人しかできない。このマインドは変わることはありません。株式会社レッツアイのDNAとして、受け継いでいくつもりです。

【面談データ】
面談時間 1時間程度 ※事前に予約が必要
(平日10:00~19:00スタート ※19:00以降や、平日以外も相談可 ※勤務地の近くなど、ご都合の良い場所での面談も可能。 ※遠方の方にはお電話でのインタビューも行っています。)
服装 自由(面接ではありませんので、カジュアルで結構です。)
面談前の準備
  • エントリー
  • 履歴書、職務経歴書、ポートフォリオ(過去の作品集、企画書など)をメールで送付。(セキュリティのため、パスワード付きで送付していただいております。)
登録・面談後の
サービス
  • 各種提出書類の添削、アドバイス
  • 当社オリジナルの面接対策集の提供
  • 希望者には、模擬面接を実施
  • 入社後も、希望者にはお電話でのヒアリングなど、アフターケアをおこなっています!

わざと、希望とは逆の求人情報を見てもらうことも!?

例えば、不動産屋に行くとする。希望の家賃よりも高い部屋と低い部屋を見せられることがあるのをご存知だろうか。実際に自分の目で見てみると、「こんな高い部屋は自分には必要ない」「安い部屋はやっぱりイヤだ」と、自分の適性や志向が自然と浮き彫りになるのだ。同じように、自分の志向を知ってもらうために、逆の案件を見せることもあるそう。(その際は、「これは希望の案件ではないですが」とちゃんと断るのでご安心を!)

取材を終えて…

Web&クリエイティブ専門の人材紹介会社。34歳の若い社長。そう聞くと、なにやらスタイリッシュなものを想像しませんか? 林さんご本人はスマートな方なんですが、話してみるとその骨太さに驚かされます。この仕事に本当に情熱を持っていて、エネルギッシュ。それに加えて、趣味が将棋! 渋すぎます。

「泥臭いのがけっこう好きなんですよね」という林さん。ジャンジャン横丁の将棋道場で一局指しながら、おっちゃん達に「人材紹介について」の話をすることもあるそうです。

そういうの、なんかいいなあ。「スマート&泥臭い」。一見似つかわしくないこの二つの言葉がぴったりくる人なんて、そういません。みなさんも、ぜひ代表の林さんはじめ、株式会社レッツアイのエージェントに会ってみてほしいと思います!

※本記事に掲載されている内容は取材時点の情報です。現在の情報と異なる場合がございます。悪しからずご了承ください

人材紹介会社徹底調査隊コンテンツ

株式会社レッツアイ

カテゴリ特化度(得意分野)
デザイン・クリエイティブ ★★★★★
IT・通信・インターネット関連 ★★☆☆☆
この人材紹介会社に「転職相談する」

人材紹介会社徹底調査隊

の中の の中の の中の