コンサルタントインタビュー 関本隆志(株式会社クイック 人材紹介部 大阪オフィス)

の中の の中の の中の

Consultant Interview

技術者の方々のご経験を実務レベルで理解し、
転職の可能性を広げることに挑む

Profile:宮崎県出身。近畿大学商学部卒。休日は登録者のエリアを少しでも知りたいと四国・中国地方まで遠出している。

大手には珍しい一気通貫システムが最大の強みです

キャリアコンサルタント歴は何年ですか。

約5年半です。クイックに入社して当初はリクルートメディアを利用した新卒・中途採用広告の営業を経験しました。採用の計画立案や説明会運営プログラムなども手掛けていたのですが、社内異動で人材紹介事業に配属となりました。現在は建築業界、プラント業界、建築コンサルタント業界の設計、施工、土木設計職を担当しています。

最初はキャリアコンサルタントが何をする仕事かわからなかったので勉強しようと思いGCDFの資格を取得いたしました。初期段階で求職者の方々にキャリアコンサルティングするためのトレーニングを相当積んだと思います。一方、求人企業については、求人広告営業をしていたときも「採用に困っている企業人事」が顧客でしたので、大きなギャップはありませんでした。

御社のキャリアコンサルティングの特徴を教えてください。

当社は大手では珍しい、キャリアコンサルタントがクライアント企業への営業活動も行う「一気通貫」のシステムを採用し、3~5年など長期的な観点でよりよい転職をしていただくことを目標にしています。クライアント企業担当、求職者担当を分けてしまう「分業制」は、それぞれへの専門性は高まるものの、両者のニーズをリアルタイムにすり合わせることが難しく、ギャップが生じることがあります。当社ではクライアント企業、求職者の方々両方との接点を密に持つことにより、クライアント企業からは「今必要としている人物のインフォーマルな情報」や「将来どんな人物が必要になる可能性があるか」を、また求職者の方々からは「今持たれている経験・知識とご希望」「将来どのようになりたいかという目標」を積極的にヒアリングできます。個人レベルのこのような情報とメンバーの情報を掛け合わせることで、両・質ともにレベルの高いマッチングを心がけています。

ご経験の詳細を調べ、理解していく行程がおもしろい

転職支援に関するモットーはありますか?

技術者の方々のご経験を実務レベルで理解し、転職の可能性を広げることです。建築施工管理、土木施工管理の経験をお持ちの方々も、経験内容、担当領域により細かく分類されます。日々の仕事でどんな経験をされているかによって、同業界への転職だけでなく、異業界への転職も可能になることがあります。従業員が数名の企業から数千名の企業への転職も可能です。仕事の詳細を聞くことで選択肢を広げることができます。

また、実務レベルの理解は求職者から確認するだけでなく、私自身の探求心という点からも行っています。例えば求職者の職務経歴書に「阪神高速●●線●●工事」と書かれていても、その工事がどういうものかわかりません。ただ、作り方の詳細はわからなくてもこれがどうやって作られていくのか、そもそも高速道路がなぜ作られるのかなどを調べ、理解するのはおもしろいものです。また理解するだけでなく、求職者が橋を作った経験があるなら、この経験はこのプラントのこの部分に生かせるはずだ、と本人も気づかないご登録者のキャリアを企業側に提案できると思っています。

将来の展望をお聞かせください。

当社は「一気通貫」システムを大事にしているので、クライアント企業、求職者両方に対して、最適なマッチングができるようになりたいというのが変わらない思いです。キャリアコンサルタントの仕事をするようになって、会社案内や経歴書はもちろん、土木・建築系の専門誌・情報誌、国土交通省の発表資料などにも目を通すようにしていますが、ただ書面を見るだけでなく、そこから「温度」を感じられるキャリアコンサルタントになりたいと思っています。どんなニッチなご経験もきちんと調べ、理解した上でアドバイスできるよう日々勉強し続けようと思います。

の中の の中の の中の