コンサルタントインタビュー 長嶋一樹(株式会社クイック 人材紹介部 東京オフィス)

の中の の中の の中の

photo

株式会社クイック 人材紹介部 東京オフィス

ナガシマ カズキ

長嶋一樹(No.7775)

  • 男性

    得意な相談

  • 外資系企業
  • ベンチャー企業

Consultant Interview

求職者一人一人にベストな選択肢がある
中長期的なキャリアを考えるパートナーでありたい

求職者の熱い想いを汲み取る

得意とされている分野を教えてください。

機械・自動車メーカーとその関連企業を中心に、製造業全般に強みを持っています。当社に入社して現在に至るまでの7年間、ずっとこの業界に携わり、企業の採用活動と求職者の転職活動のどちらもサポートしてきました。自動車産業は日本の基幹産業であるとともに裾野が広く、転職サポートするのに把握すべき範囲が広いため、日々研鑽しています。

自動車業界への求職希望者には、どのような方が多いのですか?

製品に瑕疵があれば人の命にもかかわってしまう仕事であるため、自らの仕事に誇りをお持ちの方がとても多いと思います。また、排気ガスや二酸化炭素排出の改善や電気自動車の普及、高齢化社会に向けた自動運転機能・乗員安全システムの発展の一助となる仕事は環境問題にも直結し、社会貢献という観点でも意識が高い方が多いです。そうした求職者の方の熱い想いをしっかりと汲み取り、想いを実現できる企業をご紹介したいと考えています。

転職理由や希望先に上下はない

現職に就かれたきっかけは?

学生の時に行っていたアルバイトで職業と人生の強い関連性におもしろさを感じたことがきっかけです。アルバイトで店長職を担っていたため、店舗の管理を任されていました。日々のオペレーションはもとより、本社会議への出席やアルバイトの採用・面接など幅広く経験しました。なかでも興味深かったのが面接です。実にいろいろな考えを持つ方々とお会いし、仕事に就く意味や目的の多様性を理解し、同時にとても面白いと感じました。アルバイトの業態そのものにやりがいを求めてこられた方もいれば、その方の元々の夢・目的を目指すための資金を稼ぐための手段だと考えていた方もいました。人材採用という分野を深掘りしたいという思いで、人材紹介業界に進むことを決めました。

ポリシーを教えてください。

求職者の立場になることを大切にしています。キャリアコンサルタントは、自らが何かを決断したり、求職者に決断させようとしたりする仕事ではありません。相談者にとって最善と思われるものは何か、精一杯考えて動くべきだと考えています。希望することが5つあるなら、できれば5つ叶えてほしい。しかし、それが現実的でないのなら、優先順位をつけたうえでベストと思える判断をしてほしいと思います。

また、常々肝に銘じているのは、転職希望の内容に良し悪しや上下はないということです。たとえばA様が希望するZ社と、B様が希望するY社があるとして、Z社とY社には売上や企業規模などさまざまな違いがありますが、A様、B様、それぞれが納得したうえでそれらへの転職を目指されているのなら、両者の間に上下はありません。各々にとって、ベストな判断があったということです。キャリアコンサルタントは、求職者一人ひとりがベストな判断を導き出すための媒介になることが大切だと考えています。

「WHY?」の意識を大切にして一緒に考えていく

ベストな判断を導くため、どのようなことを意識されていますか?

意識していることは二つあります。

一つ目は、一緒に物事を考えていくことです。専門性の高い業界の転職支援をしているため、仕事の内容については求職者の方のほうが詳しいことがあります。その場合は求職者の方に教えていただく過程で知識の習得に加え、求職者の考えや想いも受け止め共有するように心がけています。転職については私がプロですから、私からも情報やノウハウを提供し、一緒にベストを探りだしていきます。

二つ目は、「WHY?」の視点を大切にすることです。求職者の方がどうしてそのような考えに至ったのか、少しでも「なぜ?」と疑念が思い浮ぶのであれば、求職者の方と考えや想いが共有できていない証拠だと考えます。「なぜ?」がないような状況を目指し、コミュニケーションを重ねています。

転職希望者にメッセージをお願いします。

中長期的な視点に立ったとき、目指すキャリアに到達するためのステップをどう踏んでいけばいいかわからないという人が多いと思います。転職を決めた方だけでなく、漠然と悩みをお持ちの方もぜひお声掛けください。面談させていただいた方によく申しますが、私と面談したからといって転職活動をはじめなければいけないわけではありません。これからのキャリアを考えていく際の判断材料のひとつにしていただければと思います。

の中の の中の の中の