コンサルタントインタビュー 道畑 展員(株式会社サンクスパートナーズ 本社)

の中の の中の の中の

photo

株式会社サンクスパートナーズ 本社

ミチハタ ノブカズ

道畑 展員(No.10988)

  • 男性
  • コンサルタント歴6年

    得意な相談

  • ミドル層
  • UIターン

Consultant Interview

生産管理、設計、営業、経理。多彩な求人の
舞台となるメーカーへの転職支援が得意

Profile:リクルートグループの人材採用部門で18年間、営業、営業マネージャーを経験。その後、人材紹介に転職。2012年、サンクスパートナーズ入社。

肌感覚でつかんだ業界や業種の特性

ご経歴を教えてください

リクルートグループに18年間在籍し、新卒・中途採用、アルバイト採用の部門で採用コンサルティング、および営業マネージャーを経験しました。退職後、人材紹介会社に転職してキャリアコンサルタントとして仕事をスタートし、厚生労働省指定キャリアコンサルタント能力評価試験のひとつである米国CCE,Inc.認定GCDF-JAPANキャリアカウンセラーを取得しました。2012年、パートナーと共にサンクスパートナーズを設立し、現在に至ります。

長く採用に携わった経験は今のお仕事に役立っていますか?

数え切れないくらいの企業を訪問してきましたから、業界や業種ごとの特性を熟知しています。「この業界は体育会系の雰囲気の会社が多いので、ちょっと合わないかもしれませんね」といった、私が肌感覚でつかんだ情報を参考として求職者にご提供することができます。面接対策でも、会社のカルチャーや面接される方を考慮しながら具体的なアドバイスもさせていただいています。当社では、キャリアコンサルタントが求職者と同時に求人企業も担当するため、企業訪問の頻度は高く、求職者にとって有益な情報を取得する機会が多くあります。どういう方が選考に進み内定をもらっているのか、今年何名入社されたか、そのうち女性の社員は何名か、静かなオフィスなのか、笑い声が聞こえるオフィスなのか、など情報を集めるのに限りはありません。毎回、新しい発見があります。

じっくりと見守っていく

得意な領域を教えてください

前職で採用コンサルティングをしていた頃からメーカーが好きで、多くのメーカーの採用のお手伝いをさせていただきました。営業会社なら営業職の求人がメインになりがちです。しかしメーカーの場合は、生産管理、機械設計、電気回路設計、営業、経理など様々な職種の求人案件が出てくるので理解する範囲が広く、それ故にやりがいを感じたのだと思います。現在もメーカーの求人案件を手がけることが多いです。

印象に残っている転職支援の事例をご紹介ください

Aさん(仮名)という20代男性の転職支援が思い出深いです。Aさんは、東京の有名大学を卒業後、関西に本社を置く食品メーカーの人事部に就職されました。しかし入社してみると企業文化が自分に合わないことに気づかれました。悩んだ末、転職したいと相談に来られました。ただ仕事が忙しくて面接も設定できません。私のほうから時々「どうされていますか?」とフォローの電話をする程度でした。そのうち人事部から営業に異動になり、さらに忙しくなり、連絡も途切れるようになってきました。しかし私はずっとAさんのことが気にかかっていました。ある日、Aさんから「まだ転職したいと思っています」と連絡がありました。ちょうどその時期、マッチングするメーカーの求人案件を持っていました。面接を設定すると、社長直々に面接いただけることになりました。Aさんと社長はすぐに意気投合し、その日に内定をいただきました。3年間、ずっと心の片隅で気になっていた求職者だったのでうれしかったですね。現在25歳になったAさんは、元気に東京で活躍されています。

だから、最後は自分で決断する

キャリアコンサルタントとしてのポリシーを教えてください

「最後は自分で決めてもらう」ということです。情報は出来る限り提供します。もちろん相談にも乗ります。しかし、最後は「自分の意思」で決断しなければならないということです。仮に私が強引に転職を誘導したとしたら、入社後に何かで悩んだ時に「あのキャリアコンサルタントに勧められたからだ」という気持ちが心の中に芽生えるでしょう。そうなると転職先でも踏ん張れなくなると思います。転職しても厳しい環境に身を置かなければならないことも出てくると思いますが、踏ん張ることができず、意欲もしぼんでしまうと思います。だから、自分で決断し、納得して新しいスタートを切って欲しいですね。

転職を考える方にメッセージをお願いします

転職しようか、どうしようかと悩んでいるなら、とりあえず行動してみてはどうでしょう。「相談する」「情報収集する」だけでも、今の自分の「立ち位置」「市場価値」がわかると思います。相談してみて、やっぱり今の会社にいるほうが幸せだとわかるだけでも、悩んでいるよりいいと思います。仕事に関する相談ならいくらでものります。

の中の の中の の中の