コンサルタントインタビュー 松本 弘子(株式会社RDサポート 本社)

の中の の中の の中の

photo

株式会社RDサポート 本社

マツモト コウコ

松本 弘子(No.10666)

  • 女性
  • コンサルタント歴2年
  • 東北大学 文学部
  • 宮城県出身

    得意な相談

  • ベンチャー企業
  • 大手・上場企業

Consultant Interview

相手の温度感をつかめる電話を多用し
求職者と企業の距離感を一気に詰める

「仕事=人生」と思えるからこそ支援役になりたい

なぜキャリアコンサルタントになろうと思ったのですか?

以前は大手メーカーで営業職を担当していましたが、その企業は商品力、組織力がとても強く、一個人として自分の力を高める場になっていないのではないかと疑問に思っていました。その後結婚して退社し、転居した関東で再度仕事を探すことになりました。そこで人材紹介会社を通してRDサポートを紹介してもらい、自分の目標に適した仕事と感じたので入社しました。

この仕事を選んだのにはいくつか理由がありますが、お話を聞いていく中で、有形商材の営業とは異なり、企業と人材をつなぐキャリアコンサルタントには、より提案力とビジネススキルが必要だと感じたこともその一つです。自分の人間性や社会経験が必要であり、この仕事ならスキルアップができると感じました。

また、私個人も周囲の人間からさまざまな相談を受けることが多く、そういった面でキャリアコンサルタントという仕事に適性を感じていました。そして、私には「仕事=人生」という考えがあり、仕事は人にとって大変重要な要素であるとの思いから、就職や転職でも熟考することが多々ありました。これらの考えや体験を生かしながら、求職者が人生の重要な選択をする場面にかかわる仕事をすることに深い意義を感じ、RDサポートへの入社を決意しました。

電話で積極的に距離をつめて、何でも話せる関係をつくる

キャリアコンサルタントとしてのポリシーがあればお聞かせください。

私がこの仕事でもっとも重視しているのは、電話で話をすることです。四六時中、求職者や求人企業の担当者と話しています。口頭で話を聞いて、相手の温度感をつかみたいと思うからです。求職者の中には「これは相談していい内容かな」などと、聞くことをためらう人もいます。電話であれば、こちらから相手に、言いやすい隙をつくってあげられるのです。中には話下手の人もいらっしゃるので、こちらから積極的に距離をつめて、求職者と何でも話せるような関係をつくるよう努力しています。

もう一つ大事にしているのは、企業へのヒアリングです。求職者が気になるだろうという内容は、徹底して詳細に聞き出し伝えます。同じ職種でも企業や環境が変われば、そのポジションも仕事内容もまったく違うものになります。ギャップをつくらないよう、他のキャリアコンサルタントが説明しても同じレベルでお伝えできるくらいに詳細なレポートをつくっています。

人対人で考えれば、誰しも幸せになれる仕事がある

転職支援で印象に残っているお話がございましたらお聞かせください。

仕事を頑張る方でありながら、企業の状況が悪くなることで何度かメインの職種を変えられた方がいました。最初は品質管理として食品メーカーに入社されたのですが、状況が悪くなり、営業や店長などの仕事をするようになっていたのです。全力で支援し、社内のキャリアコンサルタントにも求人案件がないか声をかけ、最終的にはそのような待遇に理解を示していただいた企業をご紹介することができ、今は品質管理担当として活躍されています。

このように転職も人対人で考えれば、誰もが幸せになれる仕事や職場があると思います。キャリアコンサルタントという仕事は理屈だけでできるものではありません。毎回の経験の中で、体感しながら学んでいく仕事だと思っています。

これから転職しようとされている求職者にメッセージがあればお願いします。

仕事で得られる喜びや達成感は、他のものでは得られない、かけがいのないものだと思います。求職者がより輝ける、充実感のある日々を送れるような仕事を、私も一緒になって探していきたいと思っています。

最後に、休日の過ごし方やオフでこだわっていることがあればお教えください。

気をつけているのは、仕事とは全く関係のないことをすることです。例えば、小説を読む、旅行に行く、料理をする、自転車に乗る、DIYをする、映画を観るなど。仕事に関わらない趣味の中で、いろいろな考えを聞いたり、さまざまな行動をすることによって、自分自身の幅や奥行きが広がり、結果的には、それがより良い転職支援につながるのではないかと思っています。

の中の の中の の中の