日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中の

転職体験レポート|バックナンバー

17件中 11~17件目
転職者自身のこだわりと キャリアコンサルタントの粘りで実現した 大逆転・敗者復活転職
大学卒業後、好きが高じてパチンコ店に就職した高宮一郎さん(仮名・24歳)。しばらくはホールで楽しく仕事をしていたが、そのうちパチンコ台の開発へと 興味のベクトルは変わって行った。しかしやはり未経験。高宮さんを受け入れてくれる企業はなかなかなかった。そこで高宮さんの取った行動とは……。
「自分はダメだ」なんて思わないで-今までやってきたことに自信を持つことが大事
看護師にはミスが許されない。当然のことですが、常にそう自分に言い聞かせて仕事をしてきました。ところがある日、ミスを犯しかけてしまって……。当時、 勤めていた職場の終業時間は午後5時でしたが、帰宅はいつも真夜中。疲れがたまっていたんですね。幸いミスは防げたけれど、このままこの病院で働き続ける のは無理だと判断しました。
営業の達成感、やりがいをもう一度…用意周到な面接対策で見事、返り咲き!
私はもともと営業職であるMR(医薬情報担当者)として働いていたのですが、自ら希望して人事部へ異動しました。しかし、営業の達成感ややりがいをどうし ても忘れることができなくて……。考え抜いた末、もう一度MRになることを決意しました。社内の異動ではなく、転職を選んだのは、社内に失敗を恐れてチャ レンジしない雰囲気があること、手がけてみたい製品がないことが理由です。
疑問点は遠慮なく質問し、本音でぶつかること。それが自分に合ったキャリアコンサルタントを見つける方法
家族が病気になってしまったので、看病の時間を作るために転職を決めました。実務経験が少ないせいで、最初は書類選考で落とされることが多かった。だか ら、どんな仕事がしたいのか、やりたい仕事に対して今までの経験やスキルをどのように生かせるか、理想の自分になるために必要なことは何か、といった具合 に自己分析をしっかり行って、仕事選びの基準を明確にしました。
17件中 11~17件目