日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中のそんなに悩まないで……!悩まなくてすむ思考法をお教えします

転職体験レポート

掲載日2012/06/04

そんなに悩まないで……!悩まなくてすむ思考法をお教えします

●<ヨッシー>さん 47歳 京都府
●医療・福祉関連/事業企画、統括→医療・福祉関連/事業企画、統括
●活動期間:2011年9月~2012年2月 ●応募8社→面接4社→内定3社

そんなに悩まないで
悩まなくてすむ思考法をお教えします

「あんなに思い悩む必要はなかったんだ」 これが、転職を無事に終えた私の率直な感想です。
私は、親の介護をきっかけに、キャリアアップも兼ねて転職活動を始めたのですが、転職活動中は随分思い悩んでいました。いままで医療業界で経験を積んできましたし、自分のキャリアに自信を持っていました。それでも、「もしどこからも声がかからなかったらどうしよう……」そんな不安に突然かられることが幾度もありました。

最終的にはクラレテクノさんという医療業界に精通されている人材紹介会社と出会えたので、転職を果たせましたが、それまでの道のりは険しいもので、ここだと思える人材紹介会社になかなか巡り会えず、時間と体力を使い果たす毎日でした。

それでも当時の辛さよりも、いい経験ができたという思いの方が強いのです。
人材紹介会社を探し歩いた日々は、今まで行かなかった地域や初めてお会いする方々との新たな出会いを生んでくれました。今後の職務にとっても、非常に良い勉強になったと思っています。

また、強く感じたのは、人材紹介会社との出会いは偶然性が非常に高いものだということです。
自身にマッチした人材紹介会社と出会うまでは、なんら悩む必要はありません。身も蓋もないかもれませんが、人材紹介会社は探し当てるものではなく、出会うべくして出会うものなのです。

とはいえ、悩む気持ちも分かります。私も悩んでいましたしね。そこで、現在転職中の方の気持ちが少しでも軽くなるように、私が『こんな考え方をしておけば、あの時あんなに悩まずに済んだかもしれない』と思うことをここで紹介したいと思います。
まず、感情的に考えるのではなく、戦略的に物事を考えた方が良いです。例えば、ロールプレイングゲーム感覚で思考するような感じですね。感情に任せても上手くいきません。ぜひロジカルな考え方で転職活動に挑んでみてください。

そしてもう一つ、絶対評価ではなく、相対評価で見られていると自覚しましょう。自分がどうありたい、どうしたい……ではなく、相手の目線で考えることが必要です。相手も十人十色。同じことを伝えても、伝わり方はそれぞれ異なるので、評価がいい企業もあれば、悪い企業もあるのです。評価が悪かったからといって、自分を責める必要はありません。考え方が合わない企業だったというだけです。

――私の転職経験が、少しでも皆さんのお力になれば幸いです。『前向きに』頑張ってください!

私の転職体験レポートを検索する