日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中のキャリアチェンジを目指すが-なかなか自分に自信が持てなくて……

転職体験レポート

掲載日2012/03/05

キャリアチェンジを目指すが-なかなか自分に自信が持てなくて……

●<pisak79>さん 32歳 兵庫県
●運輸・倉庫/内勤営業・カウンターセールス→自動車・輸送機器/物流企画、物流管理
●活動期間:2010年8月~2011年2月 ●応募8社→面接3社→内定1社

キャリアチェンジを目指すが
なかなか自分に自信が持てなくて…

私に営業職は向いていませんでした。今まで働いてきて、やりがいをあまり感じられず、待遇も良くない環境。「このままずっとここでは働けない」そう感じた私は、心機一転、キャリアチェンジを決意しました。

私の営業経験には、特に専門的なスキルは必要なく、また営業といっても売上目標があったわけでもありませんでした。そのため、自分の強みを探すのに随分苦労をしました。また、30歳以上で“未経験可”の求人となると、受け入れてもらえる職種も限られてきます。興味のある求人を見つけても、ことごとく書類選考で落とされてしまい、かなり落ち込むこともありました。

それでも何とか気力を振り絞って転職活動を続けていました。スカウトメールでお声掛けしてくれたキャリアコンサルタントや、少しでも興味のある求人を提案してくれるキャリアコンサルタントには、とりあえず会うようにしました。わらをも掴む思いでした。やはり、未経験のキャリアチェンジが難しかったからか、私の希望もあまり聞かずに、「転職しない方がいいですよ」とか、興味のある求人に応募したいと申し出たら「これはあなたには向いていないと思います」と頭ごなしに言われて、不愉快に感じる場面も少なからずありました。それでも、自分では気が付かなかったアピールポイントを指摘してくださった方や、親身になって多くの求人を提案してくださる方もいて、そんなキャリアコンサルタントの方々のおかげで、転職活動は少しずつ前へ進んでいきました。

当時、気持ちの面でかなり追い込まれていたと思います。向いていない前職でのストレスや、初めての転職活動での苦戦も影響していたと思います。
そんな自分に自信を持てずにいた私に、ある企業の面接官の方が「すごく期待していますよ!」と声をかけてくれたのです。その企業から内定を頂き、自分が必要とされていると分かり、心から嬉しく感じました。ようやく、私は自信を取り戻せたのです。

転職をするかしないか迷っているなら、是非転職活動をすることをおすすめします。良くも悪くも、自分の市場価値を掴めますし、結果的に転職しなかったとしても、今後の自分の仕事に対するモチベーションや仕事に対する姿勢は必ず良い方向に変わっていくと思いますよ!

私の転職体験レポートを検索する