日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の転職を成功させるためには『妥協』が必要なのか――?

転職体験レポート

掲載日2012/02/06

転職を成功させるためには『妥協』が必要なのか――?

●<A.K>さん 40歳 兵庫県
●機械関連/生産技術・プロセス開発→化学・石油・ガラス・セラミック・セメント/基礎・応用研究
●活動期間:2009年8月~2011年11月 ●応募20社→面接5社→内定2社

転職を成功させるためには
『妥協』が必要なのか――?

前回の転職は大失敗でした……。
初めての転職で、私も焦りから多少の妥協をしたのは事実です。しかし、面接で聞いていた内容と実際の職務内容には大きな隔たりがあり、自分のスキルを活かせる機会も皆無。
「私のバックボーンである化学系の仕事に就きたい!」
転職してからずっとそう思っていました。

しかし、転職回数も年齢も前回より厳しい条件。さらに、仕事内容にこだわるのですから、転職活動が長引く可能性も覚悟しなければなりません。また、私にはまだ小さな子供がおり、教育費もこれから必要になります。今回の転職には非常に大きなリスクが伴っており、とても一人で決められる問題ではありませんでした。まずは家内に相談することに。すると、
「思うようにやっていいよ。でも、一回目の転職のようにはならないでね」
と言ってくれました。その言葉に背中を押され、決意が固まりました。“やりたい仕事”にこだわって転職を決めてやるぞ! と、転職活動のスタートを切ったのです。

ところが、不安は的中。関西には希望する職種を募集している企業自体が少なく、なかなか希望する求人に巡り会えません。挑戦すらできずにいると、『妥協』という二文字が頭をちらつきます。しかしそれでは本末転倒。ブレることなく、腰を据えて自分のやりたい仕事を探すのは、こんなにも精神力がいるのだと、初めて知りました。

――そして二年と三カ月が過ぎ、ようやく私のやりたい仕事と職務内容が合致する求人を見つけたのです。キャリアコンサルタントの親身なサポートのおかげで、選考もスムーズに進みました。内定の連絡を頂いた時は涙が出るほど嬉しかったですね。また、企業から提示された給与も、私には十分すぎる金額です。その分、大きな期待をかけられているというプレッシャーはありますが、自分の希望する仕事ですので、頑張っていけると確信しています。

転職活動を進める中で、妥協しなければならない点もあるでしょう。しかし、自分の芯になるものをしっかりと持つのも大事なことだと実感しています。私は、やりたい仕事を得ただけでなく、年収も150万以上アップし、家族の絆も再確認できました。じっくり時間をかけて取り組んだからこそ、期待以上の結果を手に入れられたのかもしれません。

私の転職体験レポートを検索する