日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の転職はタイミング?!タイミング良くチャンスを掴むには――

転職体験レポート

掲載日2012/01/10

転職はタイミング?!タイミング良くチャンスを掴むには――

●<わかにゃん>さん 52歳 千葉県 ●繊維・服飾雑貨・皮革製品/管理職→運輸・倉庫/総務
●活動期間:2011年6月~2011年11月 ●応募120社→面接16社→内定1社

転職はタイミング?!
タイミング良くチャンスを掴むには―

私が転職活動を成功させたワケ……、それは『タイムリーな情報収集』と『強い心』を常に意識して取り組んでいたからだと思います。

転職活動はタイミングだ、とよく言われますが、私も同感です。じゃあ、どうしたらいかにタイミングの良い転職ができるのかと考えて、でてきた答えが『タイムリーな情報収集』だったのです。

とにかく活用できるサービスは全て活用し、鮮度の高い情報を得るように意識しました。特にマッチングを促すサービスは重宝しましたね。例えば、“新着求人情報メール”もそう。キャリアシートに希望する職種を書き込んでおくと、それにマッチした求人情報がメールで届きました。こういったありとあらゆるサービスを駆使して、情報を集めたわけです。私がこだわったのは、さらにその情報へのアクションを迅速にすること。届いた新着の求人情報の中で、いいなと思ったものがあれば、即座にエントリーしました。
提供される情報をくまなくチェックし、アクションをタイムリーに行う。これこそ、転職の近道だと私は考えます。

とはいえ、そんな簡単に内定が取れるほど生易しいものではありません。自分にできる最善を尽くして、転職活動に望んでいましたが、そんな私も結局、転職活動に費やした時間は約半年間。応募した求人は120件にものぼりました。

転職活動は本当に大変。生半可な気持ちじゃできません。心が折れそうになったことも幾度となくありました。しかし、そこで諦めたら終わりです。下手な鉄砲も…ではありませんが、とにかく気持ちを切らさず、積極的に応募を継続していくほか、内定はありません。
特に、私のような50歳を超えての転職活動は、厳しいものがあります。キツイ言葉を投げかけられたり、期待を裏切られたり……。そんな中で、諦めずに『強い心』を持つというのは、実はすごく難しい――。私の場合は、家族や友人など、周りの理解と励ましが、背中を強く押してくれました。また、転職活動中に知り合った同じ境遇の求職者同士で、情報交換をしたり、互いを鼓舞し合ったのもモチベーションを保つ一つの原動力となりました。
この繋がりがあったからこそ、私は逆境に打ち勝てたのだと思います。

周りの人への感謝の気持ちを忘れずにいれば、辛いときも、きっと何か自分にプラスになることがあるはずです。頑張ってください。

私の転職体験レポートを検索する