日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中のキャリアコンサルタントが勝手に企業へ応募?コミュニケーション次第で良くも悪くもなる関係

転職体験レポート

掲載日2011/09/05

キャリアコンサルタントが勝手に企業へ応募?コミュニケーション次第で良くも悪くもなる関係

●<yuzu>さん 28歳 東京都
●インターネット関連/Webプロデューサー・ディレクター→その他IT・通信系/販促企画、営業企画
●活動期間:2011年2月~2011年3月 ●応募5社→面接4社→内定2社

キャリアコンサルタントが勝手に企業へ応募?
コミュニケーション次第で良くも悪くもなる関係

いくら経営悪化といっても、給与まで止められてしまうなんて……。当然のことながら収入がなければ生活ができません。私に残された道は、転職するしかありませんでした。

まずはネットでリサーチをしようと、パソコンを開きました。そして偶然見つけた【人材バンクネット】に登録。一つのプロフィールを登録するだけで、複数の人材紹介会社から求人が紹介してもらえるところに魅力を感じました。

早速キャリアシートを作成し、スカウトを待つことにしました。すると来るわ来るわ、スカウトメールは20通に達しました。ただ、たくさん届けばいいってものでもありませんでしたね。そして、20通のスカウトメールの中から、気になった人材紹介会社に複数登録することになるわけですが、数が多ければ、その分キャリアコンサルタントとの信頼関係も希薄になりやすい。コミュニケーションって、本当に大切なんです。というのも、実は私、そんなコミュニケーション不足が原因による大失敗を体験したのです。

複数の人材紹介会社に登録していた私は、ある求人に興味を持ちました。登録していたA社とB社から同時に同じ求人を紹介されたのです。そこで私は、特に信頼しているB社へ紹介をお願いしようと考えていました。ところが、話がかみ合わなかったのか、A社のキャリアコンサルタントが勘違いをしたのでしょう、勝手に応募書類を提出してしまったのです。幸か不幸か、書類選考をパスしたものだから、そのままA社経由で転職活動を行わなければならなくなってしまいました。
せっかく見つけた興味のもてる求人でしたが、こんな状態ではモチベーションも保てず、結局不採用。いまでも、もったいないことをしたな~って思います。

当時は頭にもきましたが、こうやって話せるのも、その後に出会った優良な人材紹介会社のおかげで無事に転職が決まったからです。最終的に入社が決まった企業を紹介して下さったキャリアビジョンさんはもちろん、内定まで至らずとも、最後まで丁寧にコンサルティングしてくださった他の人材紹介会社の方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

コミュニケーション不足で失敗した私ですが、逆に、密なコミュニケーションにより信頼関係を築けた人材紹介会社も確かにあったのです。――コミュニケーションの大切さを身にしみて感じましたね。

私の転職体験レポートを検索する