日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の派遣から正社員へ―『諦めなくて良かった』安堵の転職者!

転職体験レポート

掲載日2011/08/01

派遣から正社員へ―『諦めなくて良かった』安堵の転職者!

●<渉>さん 39歳 三重県
●ソフトウェア・情報処理/サーバ設計・構築→ファッション・アパレル・アクセサリー/社内システム開発・運用
●活動期間:2010年7月~2010年10月 ●応募26社→面接10社→内定5社

派遣から正社員へ
『諦めなくて良かった』安堵の転職者!

前職はIT系の派遣事業部に勤めていました。今回転職に至ったきっかけは、その派遣事業部が売却されてしまったからです。売却するだけならまだしも、売却先はIT業界ではなく建築業界。もともと派遣には先行きの不安もあったので、これを機に、気持ちを切り替えて転職することにしました。

転職活動を始めてしばらくたった頃、「ここだ」と思える求人を見つけました。そこは地元のソフトハウス。ところが、「採用されたい!」と力が入りすぎたのか空回りしてしまい……。結果惨敗。転職活動の期間も、予想より長引いていたので、ここでの選考落ちは精神的に辛かったですね。

「派遣だった自分には、正社員として企業へ転職するのは無理かもしれない……」
夜、布団に入るとそんな思いがこみ上げて、眠れない日が続きました。
とにかく内定が欲しかった私は、前職と同じくIT派遣業にも活動範囲を広げてみました。すると数社から内定の知らせが届きました。人間とは不思議なもので、内定がでると、欲張りたくなってしまうものなんですね。自分のスキルに自信をもてた私は、もう一度、正社員を目指して転職活動を続ける決心を新たにしたのです。

それから、今まで以上に真剣に転職活動に取り組みました。【人材バンクネット】でこまめに求人をチェック。キャリアシートも時系列に業務内容をまとめるなど、何度もブラッシュアップしました。そして応募する際には、企業ごとにピールポイントを変えて、自分を売り込むようにしました。また、人材紹介会社のキャリアコンサルタントも非常に親切にしてくださり、面接の前には、企業がどんな人材を求めているのかまで教えてくれました。まさに、『やれることは全てやった』という気分でした。
それでもなかなか転職が決まらず、4カ月が経とうとした頃、ついに人材紹介会社から内定の報告がきました。ほっとしましたよ。

思い返せば、何度挫けそうになったことか……。本当に諦めなくて良かったです。
派遣から正社員への転職は、ご存じの通り容易ではありません。地道な情報収集を怠らず、粘り強く続ければ、きっと結果に繋がると思います。簡単に白旗を揚げないで!

私の転職体験レポートを検索する