日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の驚愕のスピードで内定――急募案件の中から、発掘した適性求人!

転職体験レポート

掲載日2010/09/06

驚愕のスピードで内定――急募案件の中から、発掘した適性求人!

●<内定まで6日間!>さん 46歳 東京都
●職業紹介・人材派遣/経営企画、戦略→医療機器(メーカー)/管理職(管理部門系)
●活動期間:2009年11月~2010年7月 ●応募100社→面接12社→内定1社

驚愕のスピードで内定
急募案件の中から、発掘した適性求人!

以前勤めていた会社では経営企画に携わっていましたが、管理部門の縮小により営業部門への転属が決まり、従来のキャリアを活かした仕事がしたいという思いから転職を決断しました。

失業給付金で生活していたため、リミットがある状態ではありましたが、求人には波があるので、晴耕雨読を心がけ、とにかく焦らず冷静に転職活動を進めていきました。めぼしい求人が見つからない時は、躍起になって探すよりも、企業研究や読書をして勉強に励むことに。とはいえ、お金に余裕もないので、図書館に通ったり、東京しごとセンターが開催している無料・安価なセミナーに参加するなどしてレベルアップを図っていきました。

ところが数カ月も経つと、さすがに金銭的にも厳しくなり、そろそろ週2日位の派遣でしのぎながら転職活動を継続するしかないか……と検討し始めたころ、自分のキャリアが活かせそうな求人が急募案件として【人材バンクネット】に掲載されているのを見つけました。すぐに人材紹介会社に連絡をとり応募することに。担当のキャリアコンサルタントは迅速な対応で、求職者である私と、求人企業サイドへ適切なフォローをしてくださいました。そして驚くことに、応募から数日で採用が決まったのです。

思い返せば、スカウトメールやマッチング求人メールからのエントリーで人材紹介会社の登録社数は41社にも上っていました。なかなか求める求人と出会えなかった私ですが、見つけてからは驚愕のスピードで内定にまでこぎつけたのですから、皆さんも諦めずに転職活動を続けることをおすすめします。そしてキャリアシートの更新日が古くならないように気を付け、スカウトメールが届いた時には早めにアプローチするなど、一つ一つを丁寧に行うことで、貴重なチャンスを逃さないように気をつけてください。

私の転職体験レポートを検索する