日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の離職期間が長くなるにつれ募るあせり――地道な努力を続けて耐えた結果はドンピシャ求人!

転職体験レポート

掲載日2010/05/17

離職期間が長くなるにつれ募るあせり――地道な努力を続けて耐えた結果はドンピシャ求人!

●<がっきー>さん 34歳 埼玉県 ●ゲーム/総務→ゲーム/総務
●活動期間:2009年6月~2010年3月 ●応募20社→面接10社→内定1社

離職期間が長くなるにつれ募るあせり
地道な努力を続けて耐えた結果はドンピシャ求人!

全社的なリストラで所属していた総務部が消滅。転職を余儀なくされました。総務というのは、リーマンショック以降の不況で、部署がらリストラの対象となることはあっても、増員や補充をする企業は極めて稀です。総務の求人があっても、前職と比べて条件が低いものばかり……。満足できる求人を探すだけでどんどん時間は過ぎていきました。

さらに私の場合、自宅から都内に出てくるまで1時間半はかかります。人材紹介会社によっては、ひとまず来社して下さいというところがあり、そうすると自分の求める求人があるかどうかも分からないまま、人材紹介会社まで足を運ばなくてはなりません。金銭的にも精神的にも大きなストレスとなりました。さらに、初回の訪問でマッチした求人がない場合は、その後に人材紹介会社から連絡が来ることが少なく、こちらから積極的に行動することが必要でした。私は毎月1日に履歴書と職務経歴書の日付を更新して各キャリアコンサルタントに送付し、忘れられないような工夫をしていました。

地道な活動を続けていましたが、離職期間は長くなるばかり……。何とも言えない不安感・焦燥感にかられ、何かしようにも集中できない日々が続き、終盤は非常に苦しい思いをしました。そんな中で、家族や彼女がせかしたりすることなく、あたたかく見守ってくれたことが、精神的に大きな支えとなりました。そして転職活動開始から約8カ月。条件に妥協のない転職先を見つける事ができたのです。

妥協すれば、いくらでも目の前に求人はあるでしょう。しかし、焦らずに自分の求める条件に合った求人が見つかるまで、じっと耐えて待つことをおすすめします。希望にドンピシャな求人を見つけてください。

私の転職体験レポートを検索する