日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中のはじめよければ全てよし-転職の勝敗は職務経歴書で決まる!

転職体験レポート

掲載日2010/03/08

はじめよければ全てよし-転職の勝敗は職務経歴書で決まる!

●<土木技術者の再生>さん 56歳 東京都
●建築・土木・設計/設計(土木)→建設・土木・設計/建設コンサルタント
●活動期間:2009年3月~2009年11月 ●応募18社→面接4社→内定3社

はじめよければ全てよし
転職の勝敗は職務経歴書で決まる!

技術者としての独立を夢見てきました。ちょうど会社では早期退職制度が実施されており、それに応募し、夢の実現を志す覚悟を決めました。独立への基盤を賄うために、まずは技術顧問等の非常勤職に転勤することを考えました。

一方、現在の建設業界は、先行きが不透明で厳しい景況感に置かれています。そのために、当初の予定より厳しい転職活動となりました。少し特殊な職種なので、転職の方法が分からず、手探り状態からのスタートでした。

公共の転業紹介所では、書類審査で落とされる事態が続き、それを機に、職務経歴書の見直しを図りました。詳細な実務実績を記載して以降、【人材バンクネット】でスカウトメールが徐々に届き始め、職務経歴書の重要性を改めて思い知らされました。企業の立場に立って、採用したくなるように、自分の魅力を書類上で表現することがキーポイントになるでしょう。ここをクリアしなければ面接に進めない事を考えると、書類審査を通過する職務経歴書の書き方は『重要』というより、転職における『前提条件』なのかもしれません。

この職務経歴書の書き方については、各社さらなる手厚いサポートをお願いしたいものです。

私の転職体験レポートを検索する