日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の信頼できるキャリアコンサルタントからのアドバイス-聞けば面接が変わる!「面接前の心得」

転職体験レポート

掲載日2009/12/14

信頼できるキャリアコンサルタントからのアドバイス-聞けば面接が変わる!「面接前の心得」

●<まるきた>さん 36歳 東京都
●化学・石油・ガラス・セラミック・セメント/その他職種→化学・石油・ガラス・セラミック・セメント/品質管理・保証
●活動期間:2009年2月~2009年9月 ●応募8社→面接3社→内定1社

信頼できるキャリアコンサルタントからのアドバイス
聞けば面接が変わる!「面接前の心得」

会社が倒産し、やむを得ず2度目の転職をすることになりました。約2年前、初めて転職活動をした時は非常にたくさんの会社からスカウトがあり、よりどりみどりでしたが、今回は違いました。書類の段階で3分の2が落とされ、出端からずいぶんと落ち込みました。

それでも何とか3社で面接に進み、お世話になったキャリアコンサルタントの大島さんから面接前の心得えをアドバイスしていただきました。それは「面接は、内定を勝ちとることも大事だが、これから自分が入社するかもしれない会社の様子や雰囲気を見学する絶好のチャンスの場となる。観察・察知することを怠らず、逆に自分が会社を選ぶくらいの心意気で臨んだ方がいい」という言葉でした。面接ではとかく面接官の顔色をうかがいがちになりますが、この言葉を受け、リラックスした気持ちで面接に挑むことができました。大島さんはとにかく内定に向けて親身になって相談に乗って下さいました。彼と出会ってなければ、転職はうまくいかなかったと思います。

いきなり自分にぴったりな求人を探すより、一見遠回りのようでも、自分に合った人材紹介会社を見つけることが重要であり、結果近道になるように思います。そして人材紹介会社に不適格だと判断されれば、求人も紹介してもらえないでしょう。人材紹介会社との交渉から転職活動は始まっているということに十分気をつけて取り組むことが必要かと思われます。

私の転職体験レポートを検索する