日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の書類選考の結果報告までの時間-劇的に短縮させた秘策とは!?

転職体験レポート

掲載日2009/11/02

書類選考の結果報告までの時間-劇的に短縮させた秘策とは!?

●<masa>さん 35歳 東京都
●ソフトウェア・情報処理/経営企画、戦略→その他不動産・建築系/新規事業企画、事業プロデュース
●活動期間:2009年6月~2009年6月 ●応募6社→面接4社→内定2社

書類選考の結果報告までの時間
劇的に短縮させた秘策とは!?

お金儲けのためだけでなく、「世の中のため」を考える会社で精いっぱい働きたい!そう思い立った私は転職活動を始めました。転職活動中に何よりもどかしかったのが結果を待つ時間です。気持ちが逸り、待つ時間は何倍にも感じられます。特に書類選考は結果がでるまで時間がかかるところが多くありました。通過しているのに、返事には2週間かかることもあったのです。

なんとか書類選考を素早く通過することができないのだろうか…。そこで、3社目からは『志望動機書』も書くようにしました。すると驚いた事に、待ち時間は3分の1くらいに短縮!効率よく選考に臨むことができました。きっと他の応募者との差別化が図れたのでしょう。また、中身に関しても、実社名や職歴など可能な限りオープンに細かく書くようにしました。

活動期間が短く、応募したのも6社と少ないので、一概には言えませんが、少なくとも私の場合は志望動機書を書いたところは書類通過・短期連絡という結果になりました。まさに志望動機書こそ、私にとっての第一関門を突破する、大きな鍵になったのです。私と同じように、書類選考の待ち時間に悩まされている方がいらっしゃいましたら、一度試してみるのもいいかもしれませんよ。

私の転職体験レポートを検索する