日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の家族一緒に暮らすため、関東へ転職綱渡り状態で臨んだ最後のチャンス

転職体験レポート

掲載日2009/10/12

家族一緒に暮らすため、関東へ転職綱渡り状態で臨んだ最後のチャンス

●<三浦>さん 54歳 群馬県
●化学・石油・ガラス・セラミック・セメント/ルートセールス→運輸・倉庫/管理職(その他)
●活動期間:2008年10月~2009年3月 ●応募73社→面接3社→内定3社

家族一緒に暮らすため、関東へ
転職綱渡り状態で臨んだ最後のチャンス

小さかった息子と娘も、ある程度大きくなってきました。東北で生まれ育った私ですが、どうしても子供の進学や就職は関東近辺になってしまいます。今後のライフプランを考えた時、年老いてから、なかなか子供に会うことができなくなるのは寂しい……。年齢的にも行動するなら今しかない!ということで今回の関東への転職を決意しました。

とはいえ、私は高年齢の上、特に際立った資格やスキルも持ち合わせていません。また、失業給付金の受給満了期限も差し迫り、綱渡り状態の転職活動。それでもなんとか持ちこたえたのは、家族の支え以外にはありませんでした。家内はいつも私を励まし、背中を押してくれました。都内で学生をしている娘とは一緒に就職情報交換をし、息子はスポーツ少年団で頑張って活躍し、私に元気を分けてくれました。苦労した分、内定を貰った時は本当に家族みんなで喜びを分かち合うことができました。

転職活動は一人で乗り越えるには限界があります。自分の置かれている状況を家族や友人とできる限り共有してください。情報源を増やすことや、応援してくれる人に力を分けてもらいながら、頑張り続けることが何よりも大切だと思います。私も、自分を見守ってくれた家族や友人、多くの人に心から感謝しています。

私の転職体験レポートを検索する