日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の突然の会社倒産、ギリギリのラインでの転職活動……すべて家族を養うため!

転職体験レポート

掲載日2009/09/07

突然の会社倒産、ギリギリのラインでの転職活動……すべて家族を養うため!

●<あすさつ>さん 44歳 福岡県 ●電気工事業/施工管理→電気設備管理/営業
●活動期間:2009年3月~2009年5月 ●応募34社→面接2社→内定2社

突然の会社倒産、ギリギリのラインでの転職活動……
すべて家族を養うため!

3月後半ある日の午後、突然会社が倒産することになりました。経営側からはこれから裁判所に自己破産を申請するので、17時までに荷物をまとめて退去するようにと言われました。あまりに衝撃的でびっくりなんてものじゃなかったです。自分の所属している部署の業績は特に悪いわけでもありませんでしたから、倒産するなんて思ってもいませんでした。会社全体の業績が悪化していることは、倒産する当日に初めて知ったのです。なんとかしなければ、と気持ちが焦るばかりで、なにをすればよいのか分からない。家に帰って家内がどんな反応をするだろうか……、冷汗がだらだらと出てきて、怖くて頭が真っ白になりました。

しかし、家族を養わなければならないので、大黒柱としていつまでも落ち込んでいるわけにはいかず、すこしでも早く転職先を見つけなければなりません。希望条件もできるかぎりハードルを低くして、間口を広げて転職活動を行いました。自分の職歴やスキルにぴったりな求人もありましたが、書類審査すら通過することができず、厳しい現実を目の当たりにしました。最終的に内定をいただいた企業は2社あり、年収の高いものより、今後のキャリア形成を重視して選択しました。

今回、身にしみて分かったのは、どんなに所属部署の売り上げがよくても、会社全体としての業績が悪ければ倒産することも、事業撤退することもあるということです。個々人の力ではどうにもできないこともあるのです。社会に必要とされるスキルと経験を身につけ、いつ失業しても困らないよう、自分自身の仕事力向上を意識するしか、自衛手段はないのかもしれません。

私の転職体験レポートを検索する