日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の「手に職」があってもラクじゃない!8回目の転職活動に挑んだ看護師

転職体験レポート

掲載日2006/07/03

「手に職」があってもラクじゃない!8回目の転職活動に挑んだ看護師

●<さち>さん 44歳 埼玉県 ●医療/看護師→医療/看護師
●活動期間:2006年3月~2006年4月 ●応募4社→面接3社→内定2社

「手に職」があってもラクじゃない!
8回目の転職活動に挑んだ看護師

手に職をつけると苦労しないと思われがち。でも、私は看護師として長年働いてきましたが、そう思ったことはないですね。私が8回目の転職を余儀なくされたのは、勤めていた病院の経営が思わしくなかったせい。

ある日、一つの診療科が閉鎖され、そこで働いていたスタッフは解雇されました。経営が立て直される見込みはなく「明日はわが身」をひしひしと実感する毎日。急に職を失うのだけは避けたくて、動き出すことにしました。

我が家には、中学生と小学生の子供がいるんです。一人が受験を控えていたので、入試が終わるまでの1年間は派遣社員として過ごそうかと考え、職場もほぼ決まりかけていました。しかし、直前になって「従業員の補充ができた」との理由で話が立ち消えに。このときはつらかったですね。これからどうしたらいいのか、なかなか考えがまとまらなくて……。結局、まだまだ子供にお金がかかることを考え、正社員として仕事を探すことにしました。

キャリアシートは、経歴や以前の職場の退職理由を明確に書くようにしました。最初は求人が少なくてとても不安でしたが、そのうち紹介が増えてきたので、キャリアコンサルタントへの相談もしやすくなりましたね。内定が出ても、給与の話は自分からはしにくいもの。キャリアコンサルタントにお願いしたおかげでスムーズに話がまとまり、満足しています。

私の転職体験レポートを検索する