日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の失敗しない転職活動のために!私の情報管理術教えます

転職体験レポート

掲載日2014/01/06

失敗しない転職活動のために!私の情報管理術教えます

●<リーガルハイ>さん 32歳 千葉県 ●建設/総務→加工処理/総務・人事
●活動期間:2013年5月~2013年7月 ●応募10社→面接7社→内定1社

失敗しない転職活動のために!
私の情報管理術教えます

転職して1年あまり。しかし年収と休日の少なさ、社員のモチベーションの低さ、ワンマン社長のいい加減な経営にどうしても我慢できず、転職を決断しました。次は絶対に失敗したくない!そこで、自分なりに情報管理を徹底して、転職先を決めることにしたのです。

私はキャリアシートを15社の人材紹介会社に送り、きちんと管理しました。送付先・送付日時・人材紹介会社からの回答日・回答内容・再メール日・メール内容・面談日・担当者・住所・電話番号・最寄駅、これらをちゃんとノートに記しました。要するに、自分が何をして誰からの返事を待つのか。これを一目瞭然にしておけば、どのキャリアコンサルタント会社が熱心なのかもわかります。

また、キャリアコンサルタントとの面談や企業の面接は、時間のやりくりもたいへんですが、出費もかさみます。むやみやたらと出かけるのではなく、1日に4~5件の面談&面接を入れるというように、効率良く動くためにも、このノートはとても重宝しました。

自分の理想どおりの完璧な転職を成功させている人もいると思いますが、それは一握りではないでしょうか。実際は、年収が良くても転勤が多かったり、通勤に恵まれなかったりというように、なんらかの不都合が生じるのが当然だと思います。だからこそ、一番自分が譲れない項目を順に書き出し、妥協点を常に頭に入れて転職活動をしなければダメだと思います。自分の希望を押し通してばかりいれば、転職時期も延びるばかりですから。

それから、企業にはいろんな面接官がいますが、私たちの目的は自分のための職探し。相手に合わせようと背伸びしたり、かみ合わない会話が続いたりしても落ち込む必要なし。焦らず、自分のものさしで企業を判断すればいいのです。

というわけで、私は年収80万円アップで納得の内定をいただき、転職活動を終えました。

私の転職体験レポートを検索する