日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の退職を迫られ、タンカを切って飛び出した私-季節の移り変わりとともに不安は増すばかりだったが…

転職体験レポート

掲載日2007/03/12

退職を迫られ、タンカを切って飛び出した私-季節の移り変わりとともに不安は増すばかりだったが…

●<コポパパ>さん 42歳 千葉県 ●建設/総務→IT/法務
●活動期間:2006年5月~2006年11月 ●応募15社→面接14社→内定1社

退職を迫られ、タンカを切って飛び出した私
季節の移り変わりとともに不安は増すばかりだったが…

会社のやり方や人間関係に嫌気が差し、モチベーションが下がっていたせいでしょうか。私の評価はどんどん下がり、今まで担当していた仕事からはずされ、上司から「退職しろ」と罵倒されるまでになってしまいました。

「こんな会社、辞めてやる!」とタンカを切って飛び出したまではよかったものの、その後の道のりは険しいものでした。何の準備もなく会社を辞めたので、精神的にも経済的にも苦しく、転職活動中はどんどん追い込まれていくようなプレッシャーを感じました。

最初は、複数の転職サイトで求人情報を探して応募しましたが、これがなかなかうまくいかない。もう40代ですし、総務部門のキャリアが短かったので一次面接をなかなか突破できませんでした。5月から転職活動を始め、夏が過ぎ、秋の声を聞くころには「このまま年を越してしまうのだろうか」という不安が増すばかりでした。

そんな暗い状況を明るく変えてくれたのが【人材バンクネット】。なんか、宣伝っぽいですけど、本当です(笑)。【人材バンクネット】に登録してから1週間以内に2社、その後2、3社のキャリアコンサルタントから連絡があり、1ヶ月半ほどで転職が決まりましたからね。年収も大幅にアップしたんですよ。

キャリアコンサルタントから連絡が来たら、とにかく面談してみて、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに質問するといいと思います。狭くなりがちな視野を広げ、自信をつけることができます。どんなに大変でも、とにかく焦らず、悲観せず、自分とキャリアコンサルタントを信じて頑張れば結果は出ます。なかなか思うようにいかないときは、キャリアコンサルタントの尻を叩くくらいの強い気持ちが必要ではないでしょうか。

私の転職体験レポートを検索する