日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の焦りから安易な応募に走った自分-「諦めるな」という友だちの一言で強くなれた

転職体験レポート

掲載日2005/05/09

焦りから安易な応募に走った自分-「諦めるな」という友だちの一言で強くなれた

●<あつし>さん 31歳 東京都 ●建設/営業→生命保険/営業管理職
●活動期間:2003年8月~2005年2月 ●応募40社→面接25社→内定3社

焦りから安易な応募に走った自分
「諦めるな」という友だちの一言で強くなれた

私はファイナンシャルプランナーの資格を持っています。さまざまな商品群から、お客さまに合った商品を提案していくコンサルタント的な仕事をしたい、そして自らの営業経験を生かして部下を育成できる環境に身をおきたいと、金融業界を中心に転職活動をスタートしました。

離職してからの転職活動は、挫折しそうになることが何度もありました。希望職種の求人にめぐり合えないときはもちろんですが、せっかく面接に進んでも、自分の思いを伝えきれないことが多くて、毎日焦りが募りました。精神的な辛さに耐え切れず、「すぐ採用してくれるんじゃないか」と思った企業に、安易に応募してしまうなどの失敗もしてしまいました。

転職活動中に何度も相談に乗ってもらった友人がいます。ある日、自分の苦境を話したら、「焦って希望していない企業に就職しても、後で必ず後悔するよ。じっくり希望職種の募集が出てくるまで、諦めるな」と励まされ、目が覚めました。

信頼できるキャリアコンサルタントとの出会いも、自分にとってはラッキーでしたね。初めて会ったときに「絶対に内定させてみせますので、ご安心ください」という言葉をもらい、心強かった。求人の紹介だけではなく、応募書類の添削、企業の情報提供、条件交渉、メンタル面でのフォローまで、本当に細かく面倒を見てもらいました。キャリアコンサルタントに甘えっぱなしではいけないと思い、自分なりの努力もしました。

苦労の末に見事、希望企業から内定をゲット!本当に嬉しかったですね。振り返ってみると、転職活動は自分自身を見つめなおす良い機会、本当にやりたいことを再確認できる貴重な時間でした。これから転職する人は、焦らずじっくり、そして思い立ったら素早く積極的に動けば必ず良い結果が待っている、と信じて行動してみてください。転職活動が終わって、自分自身が成長できたことを実感できれば、新しい職場での自信となりますから。

私の転職体験レポートを検索する