日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の転職コンサルタントから一転、自分が転職者に努力と執念で成功した50代の転職

転職体験レポート

掲載日2005/04/04

転職コンサルタントから一転、自分が転職者に努力と執念で成功した50代の転職

●<homeworld>さん 57歳 千葉県
●人材紹介/キャリアコンサルタント→人材紹介/キャリアコンサルタント
●活動期間:2004年12月~2005年2月 ●応募6社→面接2社→内定1社

転職コンサルタントから一転
自分が転職者に努力と執念で成功した50代の転職

実は私、人材紹介会社のキャリアコンサルタントです。以前、勤めていた会社との契約が満了。残念ながら契約は更改されず、57歳にして2度目の転職活動をするはめに……。

転職に関してはプロですが、いかんせん私は50代。年齢が高いので、応募できる企業も少なく、応募できてもほとんどが書類選考で敗退。知人に紹介を依頼したり、前回の転職時に内定をもらった会社へ問い合わせてみたりもしたけれど、どうにもなりませんでした。

どんなに不利な状況であろうと、道は自分で切り開くしかない。そう腹を決め、新聞やフリーペーパーの求人広告、人材紹介会社へのキャリア公開、ハローワーク、人材銀行などで徹底的に求人探し。残念ながら返事がもらえなかったものの、めぼしい企業数社に自己PR状をメールで送付したりもしました。約2ヶ月は自宅のパソコンの前で求人情報収集に明け暮れ、「早く就職先を探してほしい」という妻の無言の圧力にも耐えました。

私の思いが通じたのか、やっと2社から面接をしてもよいとの返事をもらい、そのうちの1社から念願の内定通知が!苦労が報われて、本当に嬉しかったですね。私が人材紹介会社だけに的を絞って転職活動をした理由は、転職のアドバイスをした方からお礼のメールや手紙をもらったことが忘れられなかったから。この思いを忘れずに、転職希望者から喜ばれる仕事をしていきたいです。

人材紹介会社はたくさんありますから、どこを使えばいいのかわからない人も多いと思います。業界や職種によって得手不得手がありますから、自分の経験した業界に強い人材紹介会社を見つけること、それから、多くのコンサルタントと面談して、相性のよい人を見つけることが大切です。

頑張れば自分の経験を買ってもらえる会社がある。そう信じて転職活動を行えば、必ず報われます。そのことを転職活動中の人たちに強く訴えたいです。

私の転職体験レポートを検索する