日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の「落ちる→自信喪失→ヤケクソ応募」は転職活動・魔のスパイラル-脱出のコツは、転職後の自分をイメージすることあり

転職体験レポート

掲載日2005/04/04

「落ちる→自信喪失→ヤケクソ応募」は転職活動・魔のスパイラル-脱出のコツは、転職後の自分をイメージすることあり

●<MT>さん 33歳 東京都 ●紙加工業/営業→会計コンサルタント/コンサルタント・営業
●活動期間:2004年11月~2005年2月 ●応募10社→面接5社→内定2社

「落ちる→自信喪失→ヤケクソ応募」は転職活動・魔のスパイラル
脱出のコツは、転職後の自分をイメージすることあり

今回の転職は、一切妥協しないと決めていました。営業の仕事のかたわら、中小企業診断士の資格取得を目指して3年ほど勉強。直近の試験では合格できませんでしたが、それなりの知識がついたので、学んだことを生かせる仕事に就きたくて、転職活動を始めました。

【人材バンクネット】をはじめとする求人サイトや転職雑誌なども調べましたが、なかなか希望の求人情報を見つけることができませんでした。やっと希望に近い求人に応募しても、書類選考すら通らず、運良く一次面接までこぎつけてもそこまで。ダメだったときには努力が無駄になったような気がして、何も考えられない状態になりました。ストレスがたまり、毎晩のお酒の量も増えていきましたね。

転職活動が難航すると、自信を喪失したり、当初の目的とは違う会社を選んでしまったり、悪循環な方向に進んでしまいますよね。私も何度かそんな状態になりました。しかし、そういうときこそ、もう一度転職の目的や希望などを思い出し、希望の仕事で活躍している自分を想像するようにしました。前向きな気持ちを取り戻すには十分効果がありましたよ。

転職は4回目なんです。今回、初めて人材紹介会社を使いました。自分ひとりで転職活動をするのは限界を感じたからです。自信を失いかけていましたから、今考えると、キャリアコンサルタントにはくだらない質問や些細な質問をかなりしていたと思います。そんな私のメールにも、懇切丁寧に回答してくれ、本当にありがたかったですね。何度もアドバイスをいただいたり、相談をしたりしているうちに、苦手だった面接も自然に応対できるようになったんです。

勉強してきたことはもちろん、これまでのキャリアすら評価してもらえなかったときはつらくてたまりませんでしたが、結果的には希望通りの転職ができました。これから転職活動される方は、「とにかく夢を持ち続けて妥協しないでください」ということを一番言いたいです。

私の転職体験レポートを検索する