日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の期待していた企業から最終面接で不合格…家族の励ましが支えになった

転職体験レポート

掲載日2006/02/20

期待していた企業から最終面接で不合格…家族の励ましが支えになった

●<taboh>さん 53歳 東京都 ●運送/経営企画→人材派遣/業務管理
●活動期間:2005年9月~2005年12月 ●応募25社→面接5社→内定2社

期待していた企業から最終面接で不合格…
家族の励ましが支えになった

転職は6回目なんです。50代ですから年齢的に厳しいことは承知していましたが、自分の能力には自信があった。だから、転職活動には前向きに取り組めま した。前の会社を辞めた理由は、社長のレベルの低さや経営手法に失望したから。こんなところではやっていけないと、転職を決断したわけです。

実際に動き出すと、やはり厳しさを肌で感じました。応募できる企業はたくさんありましたが、書類選考が通らない。最終的に応募した数は25社にもなってしまいました。こんなに苦戦するとは思いもよらなかったですよ。

一番つらかったのは、最終面接での手ごたえが良く、「これは合格したな」と思った企業から、不合格通知が来たとき。さすがに落ち込みましたね。

じつは、家族とはあまりしっくりいってなかったんですけど、私の様子を見て、妻や子供たちが温かく励ましてくれました。ちょっと意外でしたけど、嬉しかったですね。そのおかげで吹っ切ることができたようなものです。

【人材バンクネット】を通じて、いくつかの人材紹介会社にお世話になりました。数年前の転職時と比べて、履歴書や職務経歴書の作成支援サービスは格段によくなっていて驚きました。転職希望者にとっては心強い限りです。これを利用しない手はないでしょう。

とはいえ、下手に飾り立てたり、付け焼刃のテクニックで何とかしようとしたりするのはムダ。等身大の実力で勝負する、それが自分にとって最良の道だと思います。

私の転職体験レポートを検索する