日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の事務系スペシャリスト

事務系スペシャリスト|バックナンバー

258件中 71~80件目
企業とフィーリングが合った時の喜びは転職活動の醍醐味です!
広報を自分の天職とし、スキルアップしていきたい。そんな思いとは裏腹に、前職場は、とても広報としての専門性を高めることはできない環境でした。会社か らの方針では、広く浅く、多くの業務をこなしてほしいと言われていたのです。私は広報以外の業務も兼任しており、なかなか専門性を身につける余裕がない状 態でした。明らかに人材不足でしたが、人員を補充する様子もありません。私は辞表を提出し、新たな環境を求め、転職活動を始めました。
職務経歴書に面接……、不安材料がてんこ盛り-若手ビジネスマンはどう乗り越える?!
さほどの忙しさもなく、淡々と仕事をこなす毎日。これでいいのだろうか? 若いうちにもっといろいろな経験を積んだ方がいいのではないか……。前職場で は、いつもそんな危機感にさいなまれていました。そんな時、目指していた資格を習得できるめどが立ったので、これを機に転職へと一歩踏み出す決意を固めま した。
転職は情報戦!多くの情報をいち早くキャッチする方法とは――?
経営の逼迫により、会社は将来ビジョンも固まらないまま人員削減を続けていました。その頃私は、経理という職種柄、人員削減による事務処理に追われていま した。モチベーションも下がり、単なる作業をしているだけの感覚に陥った私は、もっとやりがいのある仕事がしたいと思い転職を決意しました。
転職成功の勝因は――?企業に信頼されている人材紹介会社との出会いでした!
異業界への転職は失敗に終わりました。実際に働いてみると自分には合わないと感じることが多々あり、社内の配置転換を希望するも受け入れてもらえず、定年まであと20年間、いやな仕事を続けたくないという思いから、以前勤めていた金融業界への復帰を試みることにしました。
前職場と接点のあった人が、希望企業の採用担当者!巡り合わせに感謝です
ドライバーとして働いていましたが、この不況により、どんどん仕事が減少していきました。それに次いでついに人員削減も始まり、会社都合による退職をすることになりました。とにかく新しい職場を探さなければならなかったので、生活水準が保てる年収で、業界・職種にはこだわらずに仕事を探しました。
258件中 71~80件目