日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中のシンクタンク・コンサルティング

シンクタンク・コンサルティング|バックナンバー

40件中 21~30件目
次々と面接を断られる失意に負けず-希望業種と職種を広げたらチャンスが訪れた
ゼネコンで働いて十数年。仕事にやりがいはあるものの、転勤や単身赴任が多く、残業や休日出勤もしょっちゅう。家族との時間を持てないことがいつも心に ひっかかっていました。そうしているうちに業界の景気はどん底になり、ついに私が所属していた部門でも早期退職者募集が始まりました。
「あなたが入社するとツキが逃げて縁起が悪い」超失礼な面接を経験して気づいた新しい可能性
私が経験した失礼な面接の内容を聞いてください!A社の面接官は高圧的な態度の技術責任者。最初からかなり嫌味で意地悪な質問を連 発。しかし、ここで腹を立ててはいけないと我慢。「あなたの技術レベルがわかるような製品があればねぇ」と言い出したので、これまでの仕事内容や技術につ いて説明しました。すると突然「そういう高度な技術をお持ちなら、ほかの企業に行ったほうがいいんじゃないかな~」
アガリ症でとても面接がニガテな私…。『二人三脚面接』で実力発揮!
社内SEとして働き始めて10年。以前の会社でやるべきことはやったし、蓄積した経験を生かしながら仕事の幅を広げたい、スキルアップしたいと思い、転職 活動を始めました。経験や知識にはそれなりに自信がある私ですが、実はアガリ症で面接に弱いタイプ。緊張のあまり、言いたいことが全然言えないという失態 を犯した経験も数知れず。面接でいかに緊張しないかということが最大の課題でした。
疑問点は遠慮なく質問し、本音でぶつかること。それが自分に合ったキャリアコンサルタントを見つける方法
家族が病気になってしまったので、看病の時間を作るために転職を決めました。実務経験が少ないせいで、最初は書類選考で落とされることが多かった。だか ら、どんな仕事がしたいのか、やりたい仕事に対して今までの経験やスキルをどのように生かせるか、理想の自分になるために必要なことは何か、といった具合 に自己分析をしっかり行って、仕事選びの基準を明確にしました。
技術者としての過信を反省-謙虚に仕事に取り組む大切さを再確認
給与の遅配をきっかけに転職活動をスタート。最初は自分で求人広告を見て、気になった企業に応募していました。いい感触を得た会社があったんですが、最終面接で不合格。この結果が出るまでに、すでに1ヶ月も経っていましたので、かなりへこみましたね。
面接では自分の考えを主張すること-転職活動で『謙遜』は美徳にならない
以前の職場は個人事務所でしたから、経営者のワンマンぶりにはいつも悩まされていました。入社時に確認したはずの職務内容も実際とは違ってて。ずっと将来 に不安を感じる毎日だったんです。27歳で経験が浅い上、特別な資格もなく、優れた技術を持っているわけでもない。長期戦になることは覚悟で、転職活動を スタートしました。
転職成功の秘訣はキャリアコンサルタント選びにあり!自分に合う人の見極めポイントとは?
少人数のコンサルタント会社に勤めていたのですが、社長が会社をたたむことを決め、「給料も払えない」と言うので、やむなく転職活動をスタート。転職は今 回が3回目。これまでの反省点などもあるので、面接対策などはそれほど必要ではなく、いかにして自分に合った企業を見つけるかが課題でした。
40件中 21~30件目