日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の管理職・経営企画

管理職・経営企画|バックナンバー

41件中 31~40件目
自分で見つけた企業に応募するため-キャリアコンサルタントに交渉を依頼
自分に合った人材紹介会社選びの方法はいろいろあると思いますが、私が重視したのは、私の気持ちを理解してもらえるかどうか。6社ほど訪問して2社に絞り込 み、最終的にフィーリングで1社に決めました。志望業界の求人が豊富な人材紹介会社も魅力的ですが、希望と合っていない企業を紹介されたり、押し付けがまし さを感じたりした場合はパス。
「コミュニケーション能力が足りない」-自分の弱点にとことん向き合う勇気が内定に
職場での人間関係や仕事が合っているのかどうかで、ずっと悩んでいました。ある日、部長から呼び出され、転勤を打診されました。少し前に地方の事業所から 戻ってきたばかりです。私はそんな扱いしかされないのか? もうイヤだ……。その出来事がきっかけで転職活動を始めたのです。
期待していた企業から最終面接で不合格…家族の励ましが支えになった
転職は6回目なんです。50代ですから、年齢的に厳しいことは承知していましたが、自分の能力には自信があった。だから、転職活動には前向きに取り組めま した。前の会社を辞めた理由は、社長のレベルの低さや経営手法に失望したから。こんなところではやっていけないと、転職を決断したわけです。
転職成功の秘訣はキャリアコンサルタント選びにあり!自分に合う人の見極めポイントとは?
少人数のコンサルタント会社に勤めていたのですが、社長が会社をたたむことを決め、「給料も払えない」と言うので、やむなく転職活動をスタート。転職は今 回が3回目。これまでの反省点などもあるので、面接対策などはそれほど必要ではなく、いかにして自分に合った企業を見つけるかが課題でした。
お金の魅惑に、うっかり寄り道回り道 39歳、転職回数5回。失敗転職に決別!
転職回数5回……。2年前、ヘッドハンターからの電話で、まさかの高額年収につい惹かれ、外資系企業に転職した木村憲正さん(仮名・39歳)。しかし…… 待っていたのは、自分の能力を生かしきれない裁量権の少ない仕事。「しまった!」と再び転職したが、そこでも同じ境遇に。次こそ、腰をすえて働ける会社に 行きたい!と決死の覚悟で転職活動を開始した。
焦りから安易な応募に走った自分-「諦めるな」という友だちの一言で強くなれた
私はファイナンシャルプランナーの資格を持っています。さまざまな商品群から、お客さまに合った商品を提案していくコンサルタント的な仕事をしたい、そして自らの営業経験を生かして部下を育成できる環境に身をおきたいと、金融業界を中心に転職活動をスタートしました。
41件中 31~40件目