日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の建設・土木・住宅・不動産関連

建設・土木・住宅・不動産関連|バックナンバー

88件中 61~70件目
スタートからわずか3週間で内定!自信を持って自分のキャリアや実績を語るべし
43歳にしてはじめての転職でしたが、思いのほかスムーズに事が運びました。転職活動開始から3週間で面接を受けたのが3社。最初に面接に臨んだ会社から当日に内定をいただいたおかげで、心にゆとりができました。面接の日程調整がたいへんだったほかは、ほとんど苦労らしい苦労はしていません。
退職を迫られ、タンカを切って飛び出した私-季節の移り変わりとともに不安は増すばかりだったが…
会社のやり方や人間関係に嫌気が差し、モチベーションが下がっていたせいでしょうか。私の評価はどんどん下がり、今まで担当していた仕事からはずされ、上司から「退職しろ」と罵倒されるまでになってしまいました。「こんな会社、辞めてやる!」とタンカを切って飛び出したまではよかったものの、その後の道の りは険しいものでした。
利益第一主義の会社で鍛えた1年半-転職活動を通じて自分の成長に気づいた!
「どうせ、ウソばっかりだ……」。私はどんな会社の求人を見ても、そこに書いてある勤務条件を信じることができませんでした。なぜかというと、新卒で入社 した会社が「利益第一」の体質で、サービス残業や休日出勤は当たり前。当初聞いていた勤務条件は有名無実だったからです。会社の業績が悪化し、将来への不安から転職を考えたものの、前に進めないまま2カ月が過ぎました。
学歴がない分、努力を重ねてきた私-仕事ぶりが認められ満足しています
私は高卒で建設業界に入りました。学歴がない分、努力でカバーしなければならないと思い、常に「何がしたいか?」ではなく「何ができるか?」を考えて仕事 に取り組んできました。国家資格を取得してスキルアップを図り、社内外の人とのつきあいも大切にしてきました。だから、自分の仕事には自信を持っており、 転職に対する不安はありませんでした。
次々と面接を断られる失意に負けず-希望業種と職種を広げたらチャンスが訪れた
ゼネコンで働いて十数年。仕事にやりがいはあるものの、転勤や単身赴任が多く、残業や休日出勤もしょっちゅう。家族との時間を持てないことがいつも心に ひっかかっていました。そうしているうちに業界の景気はどん底になり、ついに私が所属していた部門でも早期退職者募集が始まりました。
キャリアコンサルタントとの面談でもガチガチだった私…。徹底的な面接シミュレーションで成功!
以前の職場は建築会社。50代、60代の男性中心の職場に女子社員は私一人。必然的に社内のあらゆる雑務を私がやらなければならない状況でした。それは まぁ仕方がないとして、問題は仕事内容。パソコンが使えない営業担当者が手書きした書類をせっせとパソコンで清書ばかりの日々。このままではいけないと思 い、転職を決断しました。
アガリ症でとても面接がニガテな私…。『二人三脚面接』で実力発揮!
社内SEとして働き始めて10年。以前の会社でやるべきことはやったし、蓄積した経験を生かしながら仕事の幅を広げたい、スキルアップしたいと思い、転職 活動を始めました。経験や知識にはそれなりに自信がある私ですが、実はアガリ症で面接に弱いタイプ。緊張のあまり、言いたいことが全然言えないという失態 を犯した経験も数知れず。面接でいかに緊張しないかということが最大の課題でした。
88件中 61~70件目