日本最大の会員制人材紹介会社ナビ 転職は人材バンクネット

の中のの中のの中の東海

東海|バックナンバー

38件中 31~38件目
激務の日々で自殺すら考えた私-力を振り絞って新天地を探し始めたが…
前の職場は忙しく、連日深夜の帰宅。それが収入に反映されるならまだ良かったのですが、ほとんどがサービス残業でした。無理は続かないもので、体調が悪化。身も心もくたくたで、死ぬことすら考えるようになっていました。もう2度も転職を経験しているので、「頑張らなければならない」と自分で自分を縛りつ けていたんでしょうね。
単身赴任か?大幅な年俸ダウンか?究極の選択を迫られた私は……
「当社の本部機能を東京に移転します」――この発表を聞いたとき、心の中は驚きと反発以外、何もありませんでした。移転の理由も納得できず、会社側の説明 を聞けば聞くほど、前向きに考えられなくなっていきました。このまま働き続けるとすれば単身赴任するしかない。しかし、家族の状況からいってそれは不可 能。もはや、転職しかないと思ったわけです。
退職を申し出ると上司や社長が嫌がらせ-そんな会社にほとほと愛想がつきました
はっきりものを言うタイプの私は、入社当初から社長に取り立てられ、上司と同じポジションで仕事をするようになりました。しかし、まだ若いのだから、わず かな経験で周囲に指示を出す立場よりも、もっと学べる環境で仕事をしたい。そう考えて、転職を考えました。就職活動そのものはスムーズに進んだのですが、 退職交渉は本当に大変でした……。
「転職は縁とタイミング」とは言いますが…モチベーション維持のために「我慢」も大事
キャリアコンサルタントから言われたんです。「転職は縁とタイミング!能力とか人柄とかキャリアとか、いろいろポイントがあるけれど、流れがあるんで す」って。それを聞いたときは、「そんなものかなぁ~?」と思ったけれど、内定が決まるまでの流れを振り返ると、まさしく縁とタイミングでしたね。
接客するなら販売職。そんな私の思い込みを打ち破った一通のスカウトメール
転職って「勇気」ですよね。私は前の職場を辞めるかどうかでずいぶん迷っていました。接客が好きで、販売職に就いて4年。仕事はとても楽しく、気に入って いました。でも、一つだけ引っかかることが。それは正社員ではなく、アルバイト待遇であること。せっかくイチから仕事を覚え、自分なりに勉強もしてきた。 職場の環境にも満足してる。だけど、将来のことを考えるとやっぱり不安……。
38件中 31~38件目